19日(土)11:30 に「国立西洋美術館」のカフェでSと待ち合わせ。
鎌倉に住むYは、お孫さんの小学校初運動会が終了次第合流すると言う。
。。。無理はしないで。一日に二つの予定はきついよ。また会えるから。。。
メールで何回かやりとりしたが、どこでも合流すると言う。

どこでも!と言うのがYらしいな。
ではSと二人で上野の森のどこかで芸術鑑賞をして、私の宿泊先に行き、その辺りで合流することにしよう。

上野の森に足を踏み入れるとまず目に入るこちら。。。。




c0249836_15172353.jpg


さて、「プーシキン美術館展」、「プラド美術館展」はたまた「人体の神秘に挑戦」。。。そうそう、動物園でパンダを見ることもできますね。
何を鑑賞するかは、ゆっくり昼食をとりながら考えることにした。。。。
こんなポーズで。。。。(笑)





c0249836_15174206.jpg


「西洋美術館」のカフェで昼食をとりながら楽しいおしゃべりをしていると、何だか他の場所に移動するのが面倒になった、そんなわけではない!
Sは20代の頃「プラド美術館」に行っているが、ほとんど覚えていないと言う。聡明なSに限ってそんなことは信じられないが、ヨーロッパ3ヶ国の旅、駆け足で色々な場所を訪れたからだろうね。
。。。。ほとんど記憶にないから、「再会」して思い出せるかどうか確かめるのも良いわよ。。。。

私はと言えば、去年の夏、スペイン弾丸ツアーの最終日、マドリードのプラドの側にいた。写真も撮ったし、夕方の無料タイムに駆け込むつもりもあったが叶わなかった。ならばその「リベンジ」で。。。決定。

その辺の事情はこちら。。。。





下の画像は「プラド美術館展」のパンフレットと、常設展のモネの「黄色いアイリス」

プラドはとにかく絵が大きく迫力があった。当たり前と言えば当たり前、宮廷に飾るんだからね。
こぼれおちそうな涙。。。。。顔の皺深くに滲む生きる悲しみや強さ。。。。リアル、そして3Dのようだなと思う作品が多かった。
どんな美術展でも、素人の私は、同じような絵を見続けると疲れを覚える。
そこで、疲れを感じながらも、別な疲れならばどうだろうと常設展に向かった。





c0249836_15180291.jpg


名作がずらりと並ぶ常設展。。。。。若い女性があちこちで写真を撮っている。
。。。ねぇ~撮影禁止よね。。。。
Sに囁いた。
が、そのうち"New Display"と書かれた数点の作品にカメラのマークに×がつぃているのを発見!
そうか、別の美術館から持ってきた作品は撮影禁止だとわかった。

ではと、撮ってみたが、「モネ」が悲しむような色合いしかでませんでした。。。。




c0249836_15181651.jpg



15:30頃、ホテルに到着。チェックインをしてロビーでYと待ち合わせ。
運動会の後、少しクールダウンして駆けつけたYと無事合流、ホテルのレストランでゆったりとミックスジュースを飲みながら、すぐに18歳の頃の私たちに戻った。最初の出会いからほぼ半世紀が経つのに、会わない時間がどんなに長くても、すぐにその頃にもどってお互いにエールの交換が出来る友のいるありがたさ、いつも思いますよ。ありがとう♪

17:00過ぎ、さらにパワーチャージが出来るライブ会場に向かった。


***********************************************************************


今日も爽やかな一日、洗濯を山ほど、それから庭仕事と思ったら、1歳のKちゃんが熱で早退。
「イクバ~バ」の午後となった。熱があってもニコニコ元気だ。ニコニコのありがたさ。。。。




by Hana3131H | 2018-05-22 21:36 | Comments(2)

朝食は「なし」で。。。

朝食は抜かない!
これは我が家の家訓だから、睡眠時間を削っても守ってきた。
だから、朝食は「なし」は、今回のプチ家出の宿を決める時の選択の話。
今回の宿の場所は「飯田橋」、1月に上京した時、交通の便の良さ、ターミナル駅の泳ぎきれない人の大波は来ない、何度か来ているので多少は道にも馴染みはある、朝の散歩も良いかなぁ~と思い、朝食はホテルから出て食べることにした。何よりも、ホテル代が数千円安くなる!ビュッフェレストランの外国人や家族連れの賑わいも、朝の朦朧とした身には辛くなってきていた。

東口のホテルのそばにもファーストフード店やカフェはあるが、西口まで歩くことにした。

「牛込橋」から眺めた景色。。。



c0249836_15450725.jpg


「牛込見附跡」
江戸城内郭外郭の城門、1639年に建造されたが、1902年に撤去、現在は石垣の一部が残っているだけだ。
そんなこと今まで意識してなかったな。
上京する楽しみは何でもある「物」や、遊び場所ではなくなった。江戸や明治の名残り発見も興味深い。もちろん何よりも会いたい人たちに会って、パワーをもらえることだが。。。。




c0249836_15460139.jpg


「神楽坂」のカフェ、開店の7:00には外国人3人、80歳位のおじいさん、そして私の4人。
おじいさんは毎日来ているようだ。カフェの若い女性たちと朝の挨拶、二言三言の語らいが楽しそうだ。

購入したサンドイッチは美味しかったが、大口を開けることがこのごろ不得意になったな。だからといって大口をたたくことはしないことにしている。(笑)




c0249836_15471506.jpg


いくつかあったカフェ、ここに決めたのは、母の日に「カーネーション」と「珈琲カード」をもらったから。
よって朝食代は0円!


c0249836_15333275.jpg




19日の歩数11,309歩、20日の歩数13,456歩。。。。1日10,000歩の目標は、三日坊主にもなれそうもない。

今日は快晴、最高気温25度、最低気温9度、爽やかな天気だが、疲れが出てきて、日常生活の再開は無理はしない、のんびりそれなりに。。。。、






More(薩摩芋を食べながら。。。)
by Hana3131H | 2018-05-21 20:46
昨夜から激しい雨が降っている。さっきまで暴風雨注意報が出ていた。
気温9℃、もちろんストーブ点火、
こんな日はゆったりでれんこ日になるのだが、今日は明日からの「プチ家出」に備えてドタバタしている。

傘をさしてあげるわけにもいかず、昨日の夕方「牡丹」の花を切った。今年は花つきが良く、沢山咲いているが、全て家の中に入れたら、その華やかさに圧倒されて私は眩暈をおこしそうで、切ったのは2輪。






c0249836_13320059.jpg


クレマチスは白が一番先に咲く。ミヤコワスレはたくましく、あちこちで咲いている。




c0249836_13321812.jpg


夕方、窓辺に置いた牡丹。。。。




c0249836_13323437.jpg



花芯を見ていると、花の宇宙、神秘的。。。。

これは昨日の夕方の写真だが、今見たら、すっかり開いて、ピンクの紙で作ったチアガールが使うポンポンみたいで、何だか味気ないと思った。こんなことを言うと、花の女王さまはお怒りだろうか。。。。「なぜに切った!雨にうたれても美しいものは美しいのに!!」牡丹の花に叱られた私。。。。



c0249836_13363507.jpg


さて、明日の今頃は、「モスクワ」か「マドリッド」、はたまた「人体の神秘に挑戦」か?!(笑)
いずれにしても、「西郷どんとわんこ」は待っている。。。。



by Hana3131H | 2018-05-18 14:10 | Comments(2)

立春


穏やかな「立春」

旧暦ではこの日が一年のはじめとされていたため、
決まり事や季節の節目はこの日が起点になっている。
八十八夜も二百十日も立春から数えて。。。。なるほど確かに。

それじゃぁ~ちょうど良かった、
今回の旅の自分用の土産に買ったものを
載せよう。





c0249836_10561530.jpg






c0249836_10563415.jpg



我が家には仙台張子の干支がいくつかあるが、
戌はなかった。欲しいなぁ~と思いながら、
その後巡り合えなかったのだ。


立春に去年の干支の隣に飾ります。
Hana に似ていてうれしい。

買ったのは、仙台ではなく何故か東京神楽坂、
ぶらぶら歩いていて発見、
まさに「犬も歩けば棒に当たる」だね(笑)






c0249836_10565692.jpg





で、「犬も歩けば。。。。」の諺の使い方は正しいのか、
ふと気になって調べてみた。。。。。


犬も歩けば棒に当たる」は「何かをしようとすると思いがけない災難にあう」という悪い意味と、
「何かをしようとすると思いがけない幸運に出会う」という良い意味の2つがあります。

「当たる」は「ぶつかる」ではなく「棒でたたかれる」という意味です。

「犬も歩けば棒に当たる」は江戸時代からあることわざで、もともとは戒めとして使われていました。
江戸の町は犬をつなぐ習慣がなく、放し飼い状態だったため、犬がうろついていて棒でたたかれることがしばしばあったようです。
このため、「棒」は「災難」のたとえになりましたが、しだいに「幸運」のたとえにもなりました。
すでに江戸時代から「何かをしようとすると思いがけない幸運に出会う」という意味でも使われていたようです。

私は楽天的な性格からか、良い意味で使っていました、なるほど。

長く生きていても知らないことだらけの「なるほど」の日々。


窓辺の鉢の中にこぼれ種の「オダマキ」があったようだ、
立春に咲いている。。。。ありがとう♪




c0249836_10571913.jpg





by Hana3131H | 2018-02-04 11:49

昨日の続きです

「創作部門」より。。。

 「ストライプタウン」


c0249836_14335019.jpg


 「ぬくもり」


c0249836_14342427.jpg



  「燈曾」

   作者のメッセージ…タイやベトナムで見たランタン祭りを思い出して

c0249836_14355037.jpg



   Break Time

c0249836_14370573.jpg



  「こぎん子」

c0249836_14363487.jpg





「額絵部門より」。。。。2点

 「珊瑚の白化」



c0249836_14380130.jpg

 

 「願い」




c0249836_14382438.jpg



その他「和の部門」「バッグ部門」「ジュニア部門」があるがどこに行っても
写真撮影は難航、時間もどんどん経過し、見ることに専念することにした。

そうそう、エリックカールの絵本キルトは撮ったんだ!


c0249836_20111039.jpg

「はらぺこあおむし」


c0249836_20013371.jpg

「ちいさなくも」


c0249836_20020103.jpg

「1・2・3 どうぶつえんへ」

c0249836_20023885.jpg

「ごちゃまぜカメレオン」


c0249836_20030376.jpg

展示コーナーの周囲には膨大な数の「キルトマーケット」、
こちらもものすごい人・人・人
頑張ってちょっとだけ買い物。

時計を見たら13:30
3塁側スタンドが休憩コーナーになっている。
スタンドからグランドに降りる時は楽だったが、
同じ階段をグランドからスタンドに登るのが何と急なことか、
息切れしながら登る。
周りもみんな同じ様子、
でも好きなことのためなら力は出るぞ!
そんな風に思っているんだ、同じ表情をしながら、
一生懸命に弁当を食べている。

私も弁当と飲み物を買ってスタンドで食べる、
買ったのはこちら。。。。
包み紙には「勝三度」と書いてあったのは、
三戦とも連勝だぞの願いを込めているんでしょう。




c0249836_20033124.jpg




もっと見たかったが、ホテルに荷物を取りに行って東京駅に
行かねばならない。今回の旅は詰め込み過ぎない、余裕を持って行動しようと
決めていた。


東京駅のロッカーに荷物を預け、お土産を買う。
預けるロッカーを探すのも、預けたロッカーをさがすのも時間がかかる
「おのぼりさん」だが、今回は良く出来ました(笑)

お土産の中にはSさん(オヨメサン)から頼まれていた「メルヘンのフルーツサンド」がある。
自分用にも買って新幹線で食べたが、美味しかったぁ~。
サンドイッチ日和なんですよ。


2泊3日の「大人の休日倶楽部」初体験、足の向くまま気のむくまま、
時間に余裕を持って、休憩もしっかり入れて、楽しんだ。
良い旅でした♪
ありがたい、ありがとう♪




by Hana3131H | 2018-01-31 14:09 | Comments(2)
1月25日

-4℃、48年ぶりの低温の朝、
日本全国から、外国から集まってきたキルトファンの行列は続く。
この日は初日、11:00開始だが、周りにいる何度か来ている人の話では
これほどの行列は初めてだそうだ。初日は避けた方が良さそうですね。
10:30から30分並び、荷物検査を受けて、会場へ。。。。
しかしその前にトイレでしょう(笑)
ここでも行列。。。。




c0249836_11132606.jpg


沢山写真を撮ったが、何しろ作品の前の人だかりはなかなかなくならない、
人が写った作品が多いのが残念です。全体を載せたいが、やむなく切り取った
ものもあり、作者には申し訳ない。

こちらは「4大作家による若草物語」にあった作品から。。。




c0249836_11142092.jpg


右上…4人の手つなぎ     右下…メグのウェディングリング
左上…マーチ家のクリスマス  左下…コンコード(町のたたずまい)

どの作品にも作者の思い、それを表現しようとする地道な努力、
好きなことを極めようとする飽くなき探求心が感じられ、見る者を圧倒
しますが、今回なかでも元気がもらえたのが、こちらのコーナー。。。




c0249836_13362039.jpg


c0249836_13364863.jpg


c0249836_13370964.jpg



「世界の幸せの顔」

c0249836_13373313.jpg



「華やかな冬の星たち」

c0249836_13392977.jpg



「刺繍とモラの作品」

c0249836_13381085.jpg




c0249836_13383861.jpg






次に。。。。 「トラディショナル部門」 へ
伝統的なパターンを用いたこの部門の作品は好きですね。
作品集は買わなかったので、こちらも私が撮ったもの、
賞に関しては間違っては作者の方々に迷惑をおかけするので、
わかる範囲です。


 「大賞]



c0249836_11090389.jpg




  「第2位」

c0249836_11093364.jpg


 「奨励賞」

c0249836_11100210.jpg




    "Color Story "



c0249836_11112531.jpg




    「孫への応援キルト」

c0249836_11105861.jpg




 「マドリードの風」


c0249836_11121338.jpg



古いもの、捨てられないもの、大切な思い出。。。。。この部門に限らずキルトには込められて
いますが、帰ってきた翌日、BSで放映されたフェスティバルの様子から、2作品、テレビを見てカシャ!
実物も見たのですが、人が途切れず、撮れなかった。


亡くなったお母さんの着物を使って作った作品、
猫はお孫さんのイラストを土台に。。。。
キルトが代々受け継がれるものであるということですね。




c0249836_11123736.jpg

こちらが「日本キルト大賞」



c0249836_11323919.jpg


さて、そのほかにも記録として残したいものがあるが、
今日はこの辺で。。。。。続編はある予定。


夜中に今年初めてのブルが入る。
やれやれ。。。。隣近所皆で雪かきしても、そろそろ道が無くなってきていたのだ。
今も降っている。。。。現在積雪91㎝。
大台に乗りそうだ。





by Hana3131H | 2018-01-30 11:45 | Comments(0)
1月24日

仙台を8時過ぎに出て、9時半には東京。
水道橋のホテルに荷物を預ける。

今回の東京での旅の行先は、
①下町散歩がしたい。
②人があまりいない所(浅草方面はパスですね!)

そうだ!若い頃に乗ったことがある都電に乗ってみよう、決定!

「飯田橋」で乗り換え、地下鉄「早稲田」で下車。
「穴八幡宮」は驚くほど人が溢れている。
中国人が5割、私のようなお上りさんが3割、
大雑把ですが(笑)




c0249836_14573857.jpg


「蝋梅」の香りが。。。。





c0249836_14580046.jpg



穴八幡を出て都電の駅に向かうのだが、大学のキャンパスを通る。
こちらの銅像の周りには、若い中国人の観光客が沢山いて、
ガイドの説明を聞いている。




c0249836_15005963.jpg


ここに来たかった「演劇博物館」



c0249836_14565838.jpg




c0249836_15021029.jpg


キャンパスを出て、商店街を通り抜け、
駅に到着。




c0249836_14595709.jpg


ここでフリー切符400円を購入。



c0249836_14593849.jpg


最初に降りたのは「鬼子母神前」
ようやく願い通り、人が少なくなりました(笑)




c0249836_15025763.jpg



c0249836_15032511.jpg

日本一古い駄菓子さんの看板娘、
江戸時代にはどんな駄菓子を売っていたんでしょうね。



c0249836_15391925.jpg


鬼子母神は安産、子育ての神様だが、その由来や
駄菓子屋のことはこちらで。。。







再び乗り込んで。。。。



c0249836_16103253.jpg


「庚申塚」で下車。。。。停留所内に甘党の店「いっぷく亭」がある。
入るでしょう。

頼んだのは「白玉あんみつ」
抹茶の寒天の上にあんこと白玉、そして杏がのっている。
この杏が良いんですよね。






c0249836_15091132.jpg



線路をわたって飛び込んできたのがおばあちゃんの原宿、




c0249836_15324272.jpg

その手前に「巣鴨猿田彦大神庚申堂」



c0249836_15334586.jpg


微笑みの「神猿」一対。。。。



c0249836_15342119.jpg


c0249836_15343793.jpg



「御水屋」の美しさは、確かに心も清められそうだ。



c0249836_15350326.jpg


再び都電に乗りこんで。。。。



c0249836_16131495.jpg


向かったのは「飛鳥山」
八代将軍徳川吉宗が江戸っ子たちの行楽の地として桜を
植えたのが始まりだそうだ。。。。

何だか良いなぁ~と思った光景。。。。



c0249836_15354926.jpg


咲いていた桜は「十月桜」






c0249836_15361332.jpg


この都電荒川線沿線を楽しむには1日はかかるだろう、
半分ほどの所で引き返すことにした。
帰りの電車の隣に座ったおじいちゃんが話しかけてくる。
最初は雪の話だったから、相槌を売ったら、後は留まるところを知らずに
政治や社会のこれは変だ!間違っている!!その熱弁に圧倒されていたら、
。。。あれぇ~?乗り過ごしちゃったよ。戻るしかないな。。。。
降りて行った。
電車はワンマンカー、ゆっくり乗車、ゆっくり降車する年齢層が多いから、
運転士は心得たもの、足の悪いおじいさんが降りる時はしばらく待っている。
ここでは電車の中に限らず、町やお店の中でも時間がゆっくり流れている。
そして、この電車に乗ると、周りは人生の先輩達だ、私はまだまだ若輩者。

都電の詳しい情報はこちら




さて、来たルートを戻り、ホテルにチェックイン、休息タイム。


夕方、飯田橋に出かける。
仕事をしていた時、出張で利用することが多かった宿舎があったから、
慣れたもの。。。と思って駅を出たら景色が違う!
改修工事で出口が移動していた、本当に東京はめまぐるしく変わっていくんだねぇ。
さっき乗った都電にはゆったりした時間が流れていたのにねぇ~。

変わるものと変わらぬものが混在する面白さ、
神楽坂の通りを歩きながら実感する。


「毘沙門天 善国寺」





c0249836_15363235.jpg



狛犬ならぬ「狛虎」の表情。。。。良いねぇ~。



c0249836_15370464.jpg




c0249836_15372899.jpg





c0249836_15375538.jpg



ホテルに戻って歩数計を見ると。。。。18,992歩、すごい♪



by Hana3131H | 2018-01-28 20:43
1月23日

仙台に到着後、ホテルに荷物を預けて、
10時過ぎ「仙山線」に乗り込む。
「仙山線」の駅名を示す掲示を見て、
「山寺」も惹かれるなぁ~。。。一瞬思ったが、
この寒さと雪の中、防寒対策の不十分な女一人が行くには
自殺行為と思われるだろうなぁ~。。。止めた(笑)
雪のため遅れている「千石線」を待っての出発。
乗客のほとんどは大学生のようだ。
これは心強い、彼ら、彼女らの後をついていけば、
目的地「東北福祉大学」まで迷うことはないだろう。

坂を下りては登り、雪道は避けたつもりだが、
みぞれ混じりの雪も降っている。
150デニールのタイツにハイソックス、
下半身の防寒対策は万全だが、最後まで悩んだのは靴、
ブーツは重く旅には適さないから、履きなれた黒い皮靴にした。
これが後で悲惨な現象を生むとは知らずに。。。。

キャンパス内に入ったが、どれが目指す建物か分からない!

はい!すぐに聞きますよ。
。。。芹沢銈介美術工芸館はどこにあるんですか?。。。
。。。この建物ですよ。。。。

画像Hana3131の所で聞いたのだ。
老化に伴う視野狭窄症ではない、
ただの「せっかち、あわてんぼ」、
否、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」が
旅先での私の信念?だから(笑)






c0249836_14331710.jpg



機会があったら来てみたいと思っていた場所。
芹沢銈介は染色家としてだけでなく、世界各国の様々な民族が
生活の中で用いていた工芸品のコレクターでもある。
彼の審美眼によって集められた6,000点を超える工芸品の
1,000点以上がここにある。

今回「インドネシア 島々の絣」が展示されているとわかって、
見てみたかった。

今回の展示のパンフレット表。。。



c0249836_14333912.jpg

裏。。。




c0249836_14340215.jpg






工芸館の中は私一人、ゆっくり見ることができた。
糸を染めてから織り上げる絣の織物はかつてインドネシア全域に
わたって作られていたが、現在では絣の技法を受け継ぐ後継者が少なくなり、
その伝統も失われつつあると言う。だからこその貴重なコレクションだ。
技法は「経絣(たてがすり)」「緯絣(よこがすり)」「経緯絣(たてよこがすり)」、
予想以上に見応えがあって満足、残念ながら館内撮影禁止なので
画像はありません。


同時開催の「芹沢銈介の装丁本」も楽しかった。








今度、機会があったら、彼の故郷にあるこちらにも行ってみたい。





工芸館を出ると、11:30、仙台に戻って昼食を食べるつもりだったが、
お腹もすいたし、足も冷たい!
「東北福祉大前」駅前にあった、蕎麦屋に入る。
店内に入った途端、メガネが曇る!
さらに気がついたのは、足の冷たさは、靴の縁から水が染みこんで
ソックスが濡れている。。。あぁ~。。。トホホ。

初めての蕎麦屋に入ったら、冷たい蕎麦で実力を確かめる、
実はそれほどの通ではないので、迷わずあったまる蕎麦、
それもこの地ならではの「牡蠣蕎麦」
この冬、こんなに美味しい「牡蠣」を食べたのは初めてだな。



c0249836_14122639.jpg




仙台駅に戻ると13時30分、
予定ではカーテン生地が見たいので、あの「Ikea」に行くつもりだったが、
寒さで体力消耗、広~いIkeaを歩き回る根性は消えて、ホテルにチェックイン。
まずは濡れた靴をドライヤーで乾かした、必死に。。。必死過ぎたのか
靴の縁全体が 白くなった!
あぁ~どうしよう、めげた。。。ここは休息をとって気力・体力の快復だ。
だが貧乏性としては寝ているのもったいない、1時間後、駅ビルをぶらぶら。
一番興味があったのは「富沢商店」
豆も種類が豊富、値段も道の駅と変わらないのでは?
色々な種類のナッツ。。。。次の目的地がなければ買っていたかもしれない。

やはり疲れた。。。。Afternoon Tea で休憩。

待ち合わせのホテルに戻ってまた休息(笑)





More(楽しかったよ、ありがとう♪)
by Hana3131H | 2018-01-27 19:39
息子ファミリーが旅行に出かける、
そうだ!「ばーばの休日倶楽部」だ、
。。。昨日帰ってきた。


画像は1月24日、Sさん(オヨメサン)からラインで送られてきた。




c0249836_13252005.jpg



沖縄→羽田は問題ないが、さて、羽田→青森は大丈夫か?と思っていた。

。。。羽田に使用機材が遅れて到着し、結局青森に着いたのは17時過ぎ、
着いたら-11℃、気温差30℃(笑)。。。。



さて、「記録は記憶」だから旅の思い出をぼちぼち書いて行こう。


今回初めて「大人の休日倶楽部(東日本)」を利用した。
4日間15,000円、指定券は6回までとれる。
2泊3日だからどこに行こう?あれこれ考えるのが楽しかった。
行ったことのない金沢や善光寺、行ったことはあるが伊豆も良いなぁ~
検討したが、この日数では移動に時間がかかり過ぎる。
結局何度も行ったことはあるが、娘の住む街に1泊(駅前のホテルは朝食付きで
5,000円でとれた、にんまり)
後はかつて住んだこともある「都」に登りましょう、
さて何を見ようか、イベントを検索してみたら、
。。。。おぉ~koroさんお薦めのイベント、一度は見てみたいなぁ~。。。。
イベントのチケット付き、決して安くはないが、地の利が最高、
ホテルの予約状況を調べたら、期間中の禁煙ルームは満室、
「喫煙」室は残り1室。。。。たばこの臭いが染みついた部屋は嫌だが、
クリックしてしまった。
行ってみたら、確かに臭いが、なんとツウィンが用意され、広すぎておろおろ(笑)


:**************************************************************************************


1月23日朝の新青森の駅

1月はそれまでほとんど雪が降ることがなく、
道路は渇いて運転しやすい。
が、向かう方面は南岸低気圧の影響で前日から大雪だ!



c0249836_13140661.jpg



太平洋側の八戸や盛岡は普段はほとんど雪が降らないのに、
雪国から出発。。。。行けども行けども銀世界!

9時半過ぎ、娘の住む街、「仙台」に到着、
夕食は娘ファミリーと食べることになっているが、
それまでどこに行こうか?
足の向くまま気のむくまま。。。後ほど書く予定。





c0249836_13144095.jpg



1月24日 8時過ぎに仙台を出発、

何とこれも行けども行けども銀世界、
もうすぐ「都」と言うところまで続く。
都は銀世界ではなかったが、前日降った雪が残り、
低温のため路面は凍っている!
「津軽の雪ん子」は絶対転ばないぞ、気合いを入れた。
ホテルに荷物を預けて、さて、どこに行こうか。。。。
後で知ったのだが、滞在中の気温の低さは48年ぶりらしい。
奇しくも(笑)向かったのは48年前に18歳だった私が過ごした場所。。。。

雪だるまがありました。。。。

さて、この後のぶらぶら旅は後でまた。




c0249836_13151904.jpg


1月25日

イベント会場の行列を高みの見物、
ホテルの窓は結露がすごい!
ダラダラ落ちた水が窓辺にたまっている。
それほど、外気と部屋の温度差があるのだ。


そろそろ行こうか。。。。
行列の隣、横浜から来た同じ年頃の女性は
。。。まるで「SMAP」のコンサートみたいだわ。。。。
お互いに一人だから、世間話をして氷点下のもと30分並んだ!!


ここは49年前に「東京の修学旅行自主見学」で来た所だ。
それ以来だよ。。。。
こちらの賑わいも後ほど。





c0249836_13163227.jpg


16:20の新幹線だが、東北地方の日本海側は大雪のため、
登りが15分遅れて到着。
さっ!さっ!と車内清掃後乗りこんだ途端に出発。
日本の鉄道の時間厳守をめざす対応は本当にすごいねぇ~。

8時近くにわが故郷「雪国」に到着。
思ったほど雪は多くなくて一安心だが、
とにかく寒い!
真冬日はまだまだ続く。。。。
もうすぐ如月だねぇ~
「衣更着」とも書く日本語って素晴らしい(笑)


1月26日

朝の全国ニュース、青森県八甲田山系「酸ケ湯」350㎝越え!

画像はキシキシ音を立てながら散歩を自撮、

これから降るだろうけれど、少なくて良かったなぁ。




c0249836_13155957.jpg



雪を追いかけた今回の旅、今日はこの辺で。

コメ返後で書きます。

by Hana3131H | 2018-01-26 15:01

朝風呂の効用かな

4時に目が覚めた。
10時就寝、睡眠時間は6時間だから良しとすべきだろうが、
これが家なら夜明けまでの覚醒の時間がつらい。
が、今日は5時には朝風呂♪

すでにロビーで寛ぐ人たち、
体操をしている人あり、
どなたもほぼ同年齢なのは、
早起きはシニアの得意とするところなのだろう(笑)

風呂はお祭り広場のそばにある。
昨夜は広場も食堂も本当に祭りのように人で溢れていて、
写真を撮るのも遠慮。






c0249836_14490191.jpg






夕食のバイキングは当地の食材、海の幸山の幸を贅沢に使った
予想以上の美味しさだった。
目の前で焼いてくれるステーキの行列、
肉厚の大きなほたての貝焼きや刺身。。。。


ほたてランプの光。。。。




c0249836_14491708.jpg



朝風呂にはやはり早起きのシニア達。
昨夜は寒く、孫たちも一緒だったから入るのを躊躇った露天風呂、
池の中に浮かんだような風呂に、滑り込むように入る。
幻想的な非日常の世界、
心も身体もほぐれていく。

風呂から上がると、脱衣所のシニア達はドライヤーで
お互いにブローをしあっている。
髪形を決めようと楽しそうにはしゃぐ姿は高校生みたい、
楽しいね。

朝食後、昨日は冷たい雨が降っていたから出来なかった公園を散歩する。

大きな池に映る今日の空模様。。。





c0249836_14501922.jpg



この時期にしては厳しい
凍てつく寒さで、池は氷始めている。。。。





c0249836_14503750.jpg



雲海の上に立っているような施設の一部。。。




c0249836_14505283.jpg




朝食だろうか、
草を美味しそうに食んでいる。





c0249836_14545466.jpg



30分の朝の散歩を終えて、
帰宅の準備。
ロビーには沢山のツアー客が溢れている。
熱い活気で溢れたホテルはこちら。。。。



c0249836_14494512.jpg



研修や仕事で度々来る機会があった○○温泉が経営破綻したのは
10年以上前のことか、
広大なる敷地・施設を再生させた☆野グループになってから
はじめて来た。
なるほど。。。。納得しながらも、
活気がここだけに集中するのもねぇ~
そう思いながら青い森鉄道に乗りこんだ。


今回息子ファミリーは車、
私は冬道の運転が億劫で電車にした。
家の近くの駅で降りて家まで歩く。
歩数計は8,000歩を越えていた。

で、今日のタイトル?!
実は11月初めに風邪をひいて完治せず、
今回のお出かけも微熱(36.8℃)があって億劫だった。
帰宅して熱を測ってみたら平熱の35.6℃は一か月ぶり、
何が良かったのか、
つらつら思うに。。。。やはり朝の露天風呂の非日常の世界だね♪








by Hana3131H | 2017-11-27 17:04 | Comments(2)

小さな楽しみさがしてぶらりぶらりVol.2          Vol.1は外部リンクよりどうぞ


by Hana3131H