美味しい本




待ち焦がれた青空、午前中は所用で車を運転。
午後も活動日和りだが、二日前から読みだした本、
先が気になりだして読み出したら止まらない。
Hana が怒りだして、散歩。
気分転換になって、また読み始める(笑)


画像左の文庫本の花はストック、小さな花瓶から借りた。
時計は去年、息子が作ってくれたもの。





c0249836_20054678.jpg





タイトルや登場人物の名前が暗示するのはキリスト教か、
寓話のような物語だ。
だが一気に読み進められたのは、心のこもった料理の描写、
キュレターとしての力量発揮、素晴らしい自然の風景を描いた絵画を
想像しながら読み進める楽しさ。。。フィナーレ近くで浮かんだ一枚の絵には、
涙がにじんだ。
暗い題材を扱って、読み終えて心穏やかになれるのは、
贅沢ではないが、季節ごとの素材を生かした料理を、
ゆっくりと味わう喜びがあるからだ。
美味しい本でした。
満腹の後悔に襲われることはありません。





Commented by koro49 at 2015-01-04 22:09
わっ、又いい本の紹介ありがとう。
図書館に行ったら探してみるね♪
Commented by aamui at 2015-01-05 08:16
おめでとうございます 今年も宜しくお願い致します
お正月は珍しくほんと映画が愉しめました この本も予約します
Commented by Hana3131H at 2015-01-05 19:45
>koroさんへ

美味しく心温まる本ですよ。
「楽園のキャンバス」のように、直接絵の
ことを扱った本ではないのですが、美しい
日本の風景、田舎の風景が目に浮かびます。
Commented by Hana3131H at 2015-01-05 19:50
>aamuiさんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
お正月に映画は良いですね。
私も久しぶりにゆっくりと小説を読みました。
ホッ。。。とする本です。

「パプリカ」に「ビタミン元気」をもらいました。ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Hana3131H | 2015-01-04 21:13 | Comments(4)

小さな楽しみさがしてぶらりぶらりVol.2          Vol.1は外部リンクよりどうぞ


by Hana3131H