花酔い

弘前への花見はいつもは早朝車で向かう。
仕事をしていたから休日しか行けない、
人ごみは出来れば避けたいからだった。
駐車場探しも楽だからだった。

さて、3年ぶりの今年、
天気予報をにらみながら、
トンボ返りでも良いから、とにかく行こうと思った。

出発は家事を済ませて9:30。

風邪をひきたくないから、冬の下着、トレーナーにチノパンツ、
ジャンパー。

う~ん。。。何だか暑いな、車だからね。

冴え冴えとした故郷の山「八甲田」が、
今日はぼんやりしているのは春霞かな。






c0249836_15311970.jpg



早朝ならば停められる安い駐車場は諦めて、
東門側の、一日、1、000円の個人の駐車場に。
居ても2時間かな、もったいないけどね。
よし!しっかり楽しめば良いのだ。

それにしても、むせかえる、眩暈がするほどの桜、
夕方のニュースで知ったのだが、
今日、満開宣言だったのだ。

良かったら一緒にお花見を。。。どうぞ(笑)





c0249836_15320927.jpg






3年ぶりの弘前の桜、
最大のカメラスポットは城と橋と花なのだが、
それは今は叶わぬ、
分かっているもののとまどったことは確かだ。
まずは3年前の姿、青空と桜をこちらで。。。


さて、修理中の石垣。。。。




c0249836_15324029.jpg


城も何だか心細く落ち着かないように見えるが。。。
あと、8年?がんばれ!(笑)






c0249836_15325254.jpg



枝垂れ桜の満開はこれから、
5月になってもきっと楽しめるだろう。





c0249836_15331090.jpg








c0249836_19172080.jpg









c0249836_19180777.jpg










c0249836_19173491.jpg








c0249836_19182392.jpg







c0249836_19174740.jpg







c0249836_19184921.jpg







c0249836_19183785.jpg








c0249836_19190152.jpg









c0249836_19193090.jpg








c0249836_19195157.jpg








c0249836_19191355.jpg




どうですか、「花酔い」しませんか。
実はふらふら眩暈がするのは、花のせいだけではなく、
暑さ!
本日23℃。。。。途中トイレでチノパンツの下の冬の下着は脱いだのですが
それでも暑い!!
暑さのせいで良い写真は撮れなかった(苦笑い)
質より量の今日の写真!

城を一周、途中馴染みの蕎麦屋で冷たい蕎麦で生き返り、
帰途についた。

我が家着13:00


「花酔い」と「暑さバテ」の回復に効果があったのは「蕎麦」と「岩木山」






c0249836_15314139.jpg



平日だったから、周りはほとんど観光客、
外国人も多かったな。

疲れたけれど、「酔う」こともたまには必要だな。




by Hana3131H | 2017-04-25 20:13 | Comments(2)

景色を変えた友へ

6月18日(金)

15:11 無事「羽前小松」で学生時代のサークルの1年後輩のNとハグ♪

まずは宿に案内してもらい、チェックイン。
夕食18:00まで時間があるから、移住先の町を一緒に散歩する。
途中、Nの新居で一休み。白木のフローリング、キッチンに合わせて作ってもらったテーブル、ベンチ式の椅子に座って飲んだ冷たい飲み物、
美味しかった♪ これから徐々に自分の色に染めていくだろう部屋、また遊びに行きますね。
東京に住んでいると車の必要性はあまり感じないが、地方での暮らしには車は必要だ。60代で免許をとったと聞いて、やったね♪
でも、私も含めてシニアの運転は気をつけよう。車の運転に関しては相手を信用せず、自分の側に落ち度がないようにするしかない。
外に置かれたNの車を「よろしくね、がんばれよ」と撫でる。(笑)



移住先を検討しているときに、この町を訪れたN.

ここからの眺め、360℃、空を眺めた時の解放感が気にいって決めたのよ。。。。と言ったNの笑顔が印象的。






c0249836_09055391.jpg


空の色、雲の形。。。。刻々と、日々、季節ごとの変化が楽しみだね。
田んぼが黄金色に輝く頃、冬の澄んだ空気に山々が冴え冴えとする頃、
吹雪きの厳しさに立ち尽くす頃。。。。。
ここではきっと自然に向き合うことが暮らしになる。
そして待ちに待った春の息吹きを感じる喜び。




c0249836_09060836.jpg



たっぷり、のんびり歩いて、土地の人と挨拶を交わし。。。。宿に戻る。
向かいの店が安いと評判で、わざわざ買い物に来る人達がいると聞いたら、行ってみるでしょう。
野菜や花の苗、豆、果物、野菜、山菜。。。。気に入った。
(前回書いたように、翌日も店に行き買い物をする)


店の前で記念写真。。。。。二人とも笑顔が素敵な60代(笑)





c0249836_09041241.jpg








More(宿の回し者ですが。。。笑)
by Hana3131H | 2016-06-25 22:17 | Comments(2)

民藝館へ

本日2つめの記事。

ミュージアムショップの館員に薦められて行ったのはこちら。。。。地図 ● 印


c0249836_21265130.jpg


玄関を入り右手の障子を開けると。。。



c0249836_21271553.jpg





c0249836_21272995.jpg



奥の方にも沢山の布を使った民芸品がある。さらに階段を登って二階にいくと、色々な機織り等が置かれている。




c0249836_21274298.jpg


先客が2名いて、彼女らが帰ると、館主は中を説明して案内してくれた。専属のガイド付きですね。
田中忠三郎さんの話や、我が家の近くにある工芸店の方とも面識があると言うことで、話は尽きない。
あぁ~素敵だ。。。ほれぼれするテーブルセンターがあった。「からむし」の織物にこぎん刺し。恐る恐る値段を聞いてみると、非売品とのこと。
残念なような、ほっ♪としたような気持ち。織物やこぎん刺しにしても、時間をかけて作るもの。手軽なものが売られているが、手間暇かけて作るものの後継者がなかなかいないため、良いものは消えていく、だからこそ残したい、伝えたいとの思いだろうか。

「からむし」の作品が色々売られていたが、カードケースの色合いはミュージアムショップの方が良かった。(この店が博物館に作品を置いている)今更また戻る時間もない。かといって素敵だと思える袋物は予算的にきつい。旅の記念、ガイドをしていただいたこともあり、買ったのはこちら。。。。

神宿る摩耶山(山形県)の御神木のどんぐりのお守り。布は草木染め、紅花染め入り。




c0249836_21543526.jpg


ここでもゆったり過ごしたため、駅まで歩く余裕がなくなった。時間的には大丈夫だろうが、これから友達に会い、「しっかり歩こう。スニーカーで来てね。。。」と言われていたので、タクシーを呼んでもらって駅へ(900円の出費、巡回バスがあるようだが、時間がうまくいかない)行き当たりばったりの旅だもんね。


米沢駅に着くと牛肉を焼くにおいがぷんぷんしている。あぁ~来たんだわぁ~と実感(笑)

車窓の景色を楽しんでください。。。。友達Nから言われていた「米坂線」に乗る。
米沢14:50→羽前小松15:11着

2両のワンマンカー、乗客は3人。停車駅では改札がないため、降りる時は前の車両に移動する。これは驚きません、こちらにも同じような路線や駅があるからね。

雲。。。。水がはられた田園。。。見慣れた風景だが、連なる山々が違う。




c0249836_21275765.jpg




c0249836_21281034.jpg


駅に降りると、Nが待っていた。もちろんハグ!!(笑)

その後の散歩や宿の話は明日。。。。





by Hana3131H | 2016-06-24 22:16 | Comments(2)

地図を開けば。。。

プチ家出をしたのは1週間前だ。
あれ?昨日の夜は何を食べたっけ?。。。すぐには思い出せないが、
1週間前の旅のことは生き生きと心に残っている。

6月17日(金)

新青森6:49発の「はやぶさ」に乗る。仙台で「やまびこ」に乗り換え福島へ。ここまでは東北新幹線ですね。
さて、いよいよ初体験の山形新幹線、福島から「つばさ」だ!森や林を抜け、渓谷を見おろし、時にゆったりと走る新幹線、旅の雰囲気が盛り上がる。米沢着 10:22


途中パラパラと降っていた雨も、駅に降り立つと私を歓迎したのか立ち去った(笑)雨ならば駅かコンビニで傘を買おうと思い、持ってきたのは合羽、リュックに入れてあったが、駅のコインロッカーに預ける。暑い!15年は着ている木綿の赤いジャンバーを腰に巻いたのは、帽子つきなので、まさかの雨の時に役に立つと思ったからだ。実は若い恰好をしてみたかったとも言える。





c0249836_21120507.jpg



駅の案内所でもらった地図。とてもわかりやすい。
スマホのマップを見ながら歩くよりも、知らない土地の空気を思い切り吸い、景色を楽しみたい。わからなければ人に聞けば良いのだ。
地図上の● → ●→ ●→ 
と歩いたのだが。。。。
(クリックすると見やすい地図だとわかります)




c0249836_22160077.jpg


朝食を食べたのは5:30、お腹もすいてきた。さすが米沢と実感する牛肉の看板・幟がある食堂やレストランはあちこちに。だがどこも開店は
11:00だ。上杉神社に向かって、どこかに入ろうと歩き出すと。。。。

最上川上流にかかる相生橋を渡ると、雨がぱらぱら降り出す。目指す上杉神社の上には暗雲が立ち込めている。まずい!!傘を買おうとコンビニを探したが、行けども行けどもない!!コンビニはあるものだと思っていたわが身の浅はかさ。友達曰く。。。苦境にあった藩の財政立て直しのため、華美な生活はせず、質素・倹約な生活を目指した「上杉鷹山公」。藩の財政立て直しには、地域の特色を生かした産業を起こす、そのための教育にはお金を惜しまなかったこと。。。。鷹山公の精神が街作りに生きているのでは。。。そう言っていた。なるほど、便利を求めることが地域の特色、そこに暮らす人々の生活の糧を奪うことになっているのが、今の日本の実情ですね。地方都市に行くと、駅前にはイ○○グループや7&○グループのスーパーやショッピングモールがありますね。

で、実はコンビニは全くないわけではない。一大観光地である「上杉神社」の側には、F。。。M。。。があった。






c0249836_21123339.jpg


雨はぱらぱらからばらばらになってくる。お腹はすいているし、このままでは水も滴る良い女になってしまう(笑)
10:50 牛肉の幟の店に飛び込む。。。。開店前にすみません。雨宿りしても良いですか。11;00になったらランチをいただきたいのですが。。。
そう言うと、準備中の忙しさにもかかわらず、カウンター席に案内され、アイスコーヒーのサービス、(画像左)テレビとクーラーのリモコンを渡され、「どうぞ自由に使ってください」と言われる。
さて、何を食べようか、お薦めを聞くと、ステーキはもちろん美味しいが「牛カツ定食」(画像右)も人気があるとのこと。それをお願いします♪弾む私の声。

お店の人は仕事をしながら時々話し相手になってくれる。これが一人旅の楽しさですね。漬物の隣にあるのは何ですかと聞くと「ひょう」。ひょう?モロヘイヤに似た食感の野菜は、後で宿の向かいの店で見た。その地域ならではの食材に出会うのも旅の楽しみ。



c0249836_21195216.jpg



c0249836_21201235.jpg

食後のコーヒー付きで、結局10:50~12:00近くまでのんびりこの店で過ごす。「雨が上がりましたよ。良かったですね」優しい言葉に、方向音痴の私は地図を広げて「私はいまどこにいるのでしょう。神社に行くにはどの通りですか?」と聞いた。スマホのマップ、ナビは使わないと決めていたからね。’笑)この店、地図では


上杉神社周辺は古い建物が残る城下町らしい落ち着いた通り、弘前公園の周辺に似ている。

さて、着いた!

画像左に見えるのが「米沢市上杉博物館」(地図では ●印 帰りに入ることになる)


c0249836_21135353.jpg




c0249836_21142622.jpg



c0249836_10455446.jpg



49歳で越後の春日城で急逝した上杉謙信公の遺骸を、二代目「景勝」が会津を経て米沢に移し祠堂を作った場所がこの階段を登るとあった。




c0249836_21194487.jpg


すぐ近くにあったのが米沢城で生まれたこの方。。。。
(先週の真田丸でのずんだ餅には、えぇ~本当?!と思ったね)



c0249836_21200266.jpg



「松岬神社」の濠の外に鎮座している十代目「上杉鷹山公」と、ケネディ大統領の娘キャロラインがこの地を訪れた記念の碑。

「人は一人でもかえることができる。みなやってみるべきだ」JFKの言葉の英語を書いてみた。





c0249836_21182013.jpg


こちらは「上杉神社」前にある像と「為せば成る。。。。」



c0249836_21204202.jpg

上杉神社。。。



c0249836_22185885.jpg


「あ」か「うん」か忘れたが、りりしい番犬の狛犬。




c0249836_22184315.jpg


宝物殿の「稽照殿」(左)と右はチケット。
平安より江戸末期に亘る絵画・書・刀剣・甲冑・仏器・漆器・服飾等が展示されている。見応えはありました。格式を重んじ贅を尽くした初代の頃のもの。血が染みこんでいるだろう戦国時代の武具、甲冑、何のために人は戦うのか。。。。平和を目指すための戦は必要だという大義名分でない世の中は望めないのだろうか。




c0249836_22170412.jpg


「謙信公」の像もあったが、鳩の大軍に邪魔されて、写真は撮れなかった。

こちらの大河ドラマ、実は見ていなかった。





c0249836_22193209.jpg


博物館では「上杉景勝展」が開催中で入ってっみた。地図 ●印 




c0249836_22194709.jpg


景勝が戦国武将たちと交わした書状が興味深い。
パンフレットはその資料の目録の一部だが、「真田氏の服属をめぐっての秀吉との書状の部分である。




c0249836_22164650.jpg



この博物館のミュージアムショップで「からむし」のカードケースに惹かれる。自然な色合い、青、ピンクが素敵だ。カードケースは使うことはあまりないが、記念に買いたいと思ってレジに行くと、「ここでは2点しかおいていませんが、実は他にも色々な織物をみることが出来る店がありますよ」と館員の人。商売気がないのが良いですね。ここでまた地図を広げて行ってみることにした。徒歩10分、地図の●印。。。。


その話は次回に。。。。。





by Hana3131H | 2016-06-24 15:15 | Comments(2)

真田丸を見ているうちに


昨夜、日曜夜は3週間ぶりに、テレビの前に陣取って、
じっくり「真田丸」を見る。
(日曜日になると体調が悪くなっていたが、旅のおかげもあって風邪は完治♪)

「北条氏の滅亡」。。。髙嶋さんの熱演、氏政の思いが伝わる。
(最後の晩餐は「汁かけ飯」だった。)
家康、景勝、昌幸が降伏を促そうと相対する場面でのやりとり、
それぞれの個性が興味深い。
「堺雅人」ファンゆえ見始めた大河ドラマだが、
実は今度のプチ旅のきっかけのひとつは、
「真田丸」の「上杉景勝」(遠藤憲一)の人柄に興味を抱いたこと、
もちろん家臣の「直江兼続」(村上信悟)も含めて。


知らない町、「米沢」をゆっくり歩いてみたいと旅に出た。


6月18日の「三谷幸喜のありふれた生活」から。。。

。。。ドラマでは真田信繁は秀吉の馬廻衆(うままわり、
いわゆる護衛)を努めている。専門家からは歴史のねつ造
だと指摘されたが。。。その事実はつい最近わかったこと。
歴史は日々成長している。。。。

もともと歴史は好きだが、最近また興味が湧いてきている。

で、今日はこれから所用で出かける。
本題は後ほど。。。。(笑)




画像は「大西町」 「川西町」のハーブ園




c0249836_09100602.jpg




「カモミール」と言えば、白い小さなマーガレットのような花が
おなじみだが、こちらは黄色い「メイヤーズカモミール」




c0249836_13082942.jpg



「ヤロウ」(ノコギリソウ)





c0249836_09093288.jpg



山道を歩いて見かけた花。。。。名前がわからない?

追記…hanamomoさんのおかげでわかったよ。

「ビョウヤナギ」さん、よろしく。
今日も我が家の近くで見かけたたから、
名前で呼んでみた。
カタカナは忘れやすいので「美容柳」でね。


c0249836_09103971.jpg



ずっと「アザミ」が咲いていた。




c0249836_09110225.jpg






*******************************************************************************************



あぁ~雨があがった♪
「ホタルブクロ」が咲いていた。

旅に出る前日、東京から移住したNさんからメール。
。。。。。楽しみに待っています。。。。
今日、ホタルを見ました。感激。。。。





c0249836_13575593.jpg



出かける前におやつは旅の思い出
「錦屋」のおまんじゅう
直江兼続からいただいた。(笑)
インゲン豆のあんこです。





c0249836_13580953.jpg





by Hana3131H | 2016-06-20 14:09 | Comments(4)

靴と鞄


今日は6時 朝風呂に入る。
プライベート温泉、つまり私一人!
ゆったりつかって、足のマッサージ、
そして一人ならやるでしょう。。。泳いだ(笑)

昨日は万歩計の新記録樹立!
是非記録としてとどめたいが、
後日だね。。。。



c0249836_22210483.jpg




7時 朝食。昨夜の夕食も素晴らしかったが、
今回の朝食は我が人生、60数年の中で食べた朝食の
三本指に入る素晴らしさ。
後の二つは?
そう聞かれると困るが(笑)

テーブルの朝食の上に紙がのっていた。




c0249836_22245245.jpg



ごはんはもちろん「お代わり」しました。
買って帰りたかったのが、「南蛮納豆」
次回は買うからね。。。Nさん(笑)



c0249836_22250848.jpg



その後、朝ドラを見て散歩に出る。
近くのハーブ園。。。。




c0249836_21112919.jpg


宿に戻り、昨日も行った向かいの店に顔を出す。
豆の里「川西町」は豆好きにはたまらない。
こんなに安く買えるなら、移住したい(笑)
数種類買ったが、最後まで悩んだのが
1㌔の「丹波の黒豆」
後ろ髪を引かれながら、諦めた。




c0249836_22264790.jpg


買うでしょう。。。。サクランボ♪



c0249836_22254969.jpg



うわぁ~なつかしい「まが!」
子供の頃のおやつ。
「まくわうり」が訛って「まが」かな。
メロンを初めて食べたのがいつかは覚えていないが、
この瞬間、「まが」への懐かしさはメロンの甘さを越えていた。




c0249836_22261332.jpg


ゆったり過ごして、さて出発だが、今日は無理はしない。
駅までタクシーに乗った。

駅。。。。。近くの高校の生徒たちがボランティアで
イベントの準備中。
その様子、会話が楽しい。



c0249836_22262928.jpg


駅は改札はなし。
裏口からも出られます。
昨日出かけた「井上ひさし」の蔵書がある図書室に
通じている。



c0249836_22270243.jpg


時間があるので、おみやげを買おうと
散歩する。
買ったのはこちらのお店。
冷たい麦茶を2杯いただいて、
色々買ったからおまけにお菓子をもらった。
新幹線で2個食べたが、美味しかった。



c0249836_22253488.jpg


さて、米坂線で「羽前小松」から「米沢」へ20分。
山形新幹線「つばさ」で米沢から福島へ36分。
昼過ぎ福島は30℃、新幹線の乗り継ぎの接続が悪く、
1時間近く時間がある。一旦外に出てランチを食べようかと思ったが、
新幹線コンコース内に立ち食い蕎麦屋発見!
昨日は肉を食べすぎたので、これだぁ~と決めた。

冷やしたぬきそば。。。。




c0249836_21114379.jpg



東北新幹線「やまびこ」で福島から仙台まで20分。
仙台のホームに降り立つと31℃。
娘に「暑いね。。。」とメールを送ると、
庭でただ今「プール開き」の写真が送られてくる。
会いたかったな、夏休み待っているよ。

「はやぶさ」で仙台から新青森まで1時間半。
この新幹線、行先は「函館」なので
乗りこしが怖くて眠れなかった。

青森に着くと18℃、さすがだ!

16:00過ぎに帰宅。

昨日、出かける時に「ズッキーニ」に声をかけた。
。。。。私が帰るまで咲くんじゃないよ。。。

おぉ~。。。咲かないで待っていてくれたと思ったが、
ひょっとしたら今朝咲いて、夕方だから眠っているのかな?
まぁ~明日の朝は、お互い目覚めにご対面ですね。



c0249836_21110144.jpg



Hana は嬉しさと「なんでいなかったの?!」と不満が同居ですね。。。。


我が家のラベンダーは20数年経っているから貧相だと思っていたが、
品種の違いです、今朝見たラベンダーとは。




c0249836_21111431.jpg



収穫の多い楽しい旅だった。
昨日の記録はまた後で書きたいな。


旅の成功を左右するのが「靴」と「鞄」
帰ってから、感謝の気持ちを込めて、
綺麗にした。


「靴」は白いスニーカーもあり、デザインはそちらが好きだが、
歩きやすさでこちらにして正解でした。

「鞄」は今回、旅に出る前に買った。
これが便利な「リュック」で嬉しい。
豆を買って背負って帰ってきたからね(笑)





c0249836_21123922.jpg







by Hana3131H | 2016-06-18 23:16 | Comments(0)

為せば。。。成るかな?

風邪がなかなか完治せず、直ったかな?と思うと
週末にはぶりかえす。
そうだ!週末に家を出れば治るかもしれない。。。
10日ほど前に突然そう思った。

行先を決める条件は。。。

①知らない町を歩いてみたい。
②元気が出る「牛肉」を食べたい(笑)
③人と出会い、語りあいたい。
④温泉に入りたい。
⑤深い緑に包まれ、花々を見たい。

欲張りだが、はい!すぐに決まりました(笑)
宿を探して予約する。
土、日は満室で、金曜日がシングルがとれたから決定。
後はジパングで切符をとる。

5月に東京の友達Nさんが移住した。
仲間たちで遊びに行こうと言っていたが、
私はこれからしばらく自由に動けない身になる(苦笑い)
だから、今、行ってみます。
仲間たちのYさん、Sさん。。。下見だから、次回は一緒にね。

この頃、しみじみ思う名言に導かれて、プチ家出(笑)


   なせば為る 成さねば為らぬ 何事も
  成らぬは人の なさぬなりけり



Nさんが、移住先の様子を伝える動画を送って
くれました。
自然の恵みの水をひく「水道管」で音楽を。。。素敵だね。










生憎、雨になりそうだが、しっとりと雨の中を歩く
一人旅も良いじゃない。


※ 午後2時過ぎ、母の所からの帰りに本屋に寄ると、
  「緊急地震警報」!
   店員さんが慌てないで、その場にいてくださいと言っていたが、
   いくら本が好きとはいえ、本に押しつぶされたくない!
   わが身はわが判断で守りたい。。。外に出ようと思ったが、
   ぐらりぃ~と横揺れがしておさまった。
   函館震度6弱。被害がなければ良いが。。。。


 

追記 おめでとう♪ イチロー選手。
   (最多安打記録4256本を抜く)
   少年の目の輝きのイチロー、
   まさに為せば成るだぁ~♪

by Hana3131H | 2016-06-16 16:58 | Comments(4)

確かに近かった!


10日ほど前に、仲間たちから誘われた「北海道新幹線」で行く1泊2日の函館への旅。
今回のテーマは「小学校の修学旅行」を辿るでしたが。。。

新青森9:52→函館北斗10:58

函館への接続の「函館ライナー」
案内は親切丁寧、働いている人の中には昔とった杵柄らしき超ベテランの人も
きびきび働いている。良いことだ。(妙齢の私達より高齢ですね)





c0249836_10545155.jpg





11時30分には駅前で借りたレンタカーに乗り込む。
向かったのは新緑、いや芽吹きの方がふさわしいかな、
「大沼公園」。

記憶にはないが50年前にもここは行ったはず(苦笑い)
昼食はゆったり食べたいと意見が一致し、森の中のホテルへ。





c0249836_10552073.jpg


ランチバイキングの方は賑わっていたが、
あくまでもゆったりが良い年頃、何よりも夜の食事を考えると、
昼のバイキングは食べ過ぎの危険性がある、そこで静かな
レストランでランチをとることにした。
最近疲れ気味なので、「肉!」(ステーキランチ)にした。

レストランからの眺め。。。。


c0249836_10553505.jpg



昼食後、森を散歩、小腹が空いたので「パン工房」なる店を見つけ、
「桜あんぱん」を食べる。
その後、車でキャンプ場に向かう。
芽吹きがすがすがしく、所々に山桜が咲いている。

キャンプ場前のカフェで、ツーリング中休憩の一向が美味しそうに
ソフトクリームを食べていた。
北海道に来たら食べるでしょう。。。意見が一致。
ソフトは美味しかったが、湖畔は寒すぎた。
「犬」を連れた人たちが多く、つい思い出してしまうわが子(Hana)。





c0249836_10554960.jpg




3時過ぎ、市内に戻って、元町方面へ。
マニュアル車なら絶対運転したくない坂道を登りきると、
ベイエリアを見渡す観光スポットは中国人の団体の人だかり。
駐車場に止めて降りる予定は変更。


ウォーターフロントに見えるのは「摩周丸」



c0249836_10560938.jpg




半日で借りていたレンタカー、350円分のガソリンを入れて返却。
仲間が格安で探してくれた、湯の川温泉のホテルに市電で向かう。

ホテルの部屋からの眺め。

写真には一羽しか映っていないが、
実際は数十羽、思わず口ずさんだ「カモメが飛んだ♪」(笑)

下北半島がうっすらと見えた。見える?





c0249836_10564492.jpg




窓を開けると、波の音がうるさいほど。



c0249836_10572171.jpg



海峡を眺めながらゆったり温泉につかる。
あぁ~来て良かったな。

夕食は部屋食、なかなかのボリュームに食べきれなかった。
写真にはないが、追加で頼んでいた「毛ガニ」も食べた。
昼のステーキは失敗でした。
写真を撮る時、蓋物の器の蓋を取らなかったのは失敗でした。




c0249836_10573908.jpg



オプションに、ホテルから函館山から夜景を楽しむバスが出ているが、
妙齢は布団に寝転んで「真田丸」を見るオプションを選んで正解だったと思う。


翌朝、5時半露天風呂へ
海峡から吹き付ける風は冷たく、
温泉の温かさがありがたい。


9時過ぎ、向かったのはこちら。。。

中学校の修学旅行生や中国人で込み合っていた、
「五稜郭タワー」からの眺め。



c0249836_10581924.jpg




実は「五稜郭」に来たのは、仲間たちに紹介したかった「わんこ」が居るから。

飼い主は北海道を代表する銘菓の創業者。
5年前に会って気に入った店、ではなくて「わんこ」。




c0249836_10584388.jpg






c0249836_10585481.jpg



カフェから見える公園の眺めは素晴らしい。
2週間ほど前満開だったソメイヨシノは青々としていた。

10時のおやつに食べたのは「抹茶チーズケーキ」」
おみやげはつい爆買い。





c0249836_11081167.jpg


公園を散策後、11:50昼食。
塩ラーメンが美味しい店の本店へ。




c0249836_10591561.jpg



市電乗り場までの道には彫刻があちこちにある。
一番気に入ったのはこちら。。。。。





c0249836_10592766.jpg



『ぼくたちの旅』
石のプレートに書かれていた言葉。

「あの空の向こうに  ぼくたちの未だ知らない 広い世界が  きっとある」




情緒のある市電に揺られて、駅へ。
ここで1時間半ほど自由行動。

私は「スズラン香水」を探しに半世紀前に行ったデパートに行ってみたが、
なかった!
ここで今回の旅のテーマは「小学校の修学旅行を辿る」から、
「函館食べ過ぎツアー」に変えた。

ベイフロントに出かけた仲間は倉庫群の小洒落た店はいくつか無くなり、
爆買い用のドラッグストアーが増えていたと言っていた。
観光客がお金を落として行ってくれる経済効果は認めるが、
観光スポットとしてのその土地が持つ雰囲気が薄れていくとすれば、
さみしい気がする。

函館ライナー14:14 我が家には16時過ぎには到着。
片道4時間の船旅に比べると、確かに近かった!

ところで、小学校の修学旅行で一番の記憶は、
青函連絡船の3等船室の閉塞感。
デッキに出て「イルカ」探しの楽しい解放感かな。




c0249836_10594620.jpg







by Hana3131H | 2016-05-19 22:05 | Comments(0)

プチ旅

五月晴れ、これからプチ旅に出る。
行き先はこちら...

c0249836_07342613.jpg



庭のスズランに、
行ってきます。
小学校の修学旅行で買った香水はまだ売っているかな?
買わないけれどね。

by Hana3131H | 2016-05-15 07:30 | Comments(4)

Concert Tour

。。。お客さまが "Concert Tour "です。
東京の方。。。東京以外の方。。。

(拍手の迫力は圧倒的に後者だ)

11月から4か月にわたった「歌姫」のコンサートは、
今回は東京、大阪の「滞在型コンサート」、
よって勢い地方のファンはツアーをすることになる。
その中の一人となって行ってきました。

コンサートは二部構成、一部"Sweet" , 二部"Bitter"。
"Sweet" と言ってもとろけるような甘さは歌姫には似合わない。
厳しい現実に傷つく心、打ちのめされてしまいそうな心に
そっと寄り添う歌。

歌姫は力強く優しく励ましてくれる。
その中で、こちらにも歌詞を書いているが、
雪に埋もれた私は「六花」も良かった。

MCは例の素っ頓狂なおとぼけで進められていく。
歌との落差は不快なものではない。
ひっくるめて歌姫なのだと思う。
「オールナイトニッポン」のDJ風に
観客に書いてもらったメッセージのいくつかを読み上げ、
絶妙の言葉を返して笑いを誘う。
「一会」の楽しさはここにもある。

二部の"Bitter" で印象的だった曲、
その曲を歌う前にこんなことを言っていた。

。。。。大分前に作った曲、その時は、あまり受け入れてもらえないだろうと
思っていたけれど。。。。今だからこそ歌わなければ。。。
(こんなニュアンスのことを言っていた)

広い会場に響く爆音に負けまい、打ち消すかのように
歌った曲だ。


波のかなたから流れて来るのは
私の知らない貝殻ばかり
波のかなたから流れて来るのは
私の知らない寿歌(ほぎうた)ばかり
遠い昔のあの日から この島に人はいない
みんなみんな阿檀(あだん)の木になった
波のかなたから流れて来るのは
私の知らない国歌(くにうた)ばかり

遠い昔にこの島は戦軍(いくさ)に負けて貢がれた
だれもだれも知らない日に決まった
波のかなたから流れてくるのは
私の知らない決めごとばかり

陽は焼きつける 阿檀は生きる
大地を抱いて阿檀は生きる
山の形は雨風まかせ
島の行方は波風まかせ
遠い昔にこの島は戦軍(いくさ)に負けて貢がれた
だれもだれも知らない日に決まった
誰も知らない木の根の下は
主(ぬし)の見捨てた貝殻ばかり


(中島みゆき「阿檀の木の下で」 アルバム「パラダイス・カフェ」)


力強い歌にパワーをもらって、koroさんと有楽町で別れた。
ありがとう♪




c0249836_15213293.jpg




昨日は新聞を読む時間がなかったので、今日帰宅して読んだのは
「折々のことば」(鷲田清一)

偶然が嬉しい♪ 昨日コンサートで出会った歌姫のことばだ。
新聞の切り抜きが見難いので書いておこう。


時の流れがね、落っことしていったものを一番
後ろから拾いながらトボトボと行くっていうのが、
私には合ってるかなって思うんです。

    中島みゆき

 時代の浮かれの中で目もくれられずまたぎ
越されてしまうもの、時代の厚い雲にさえぎられて
見えなくなっているもの、時代の勢いの中で置いてきぼり
にされたもの。用済みと払い落とされたおがくずのような
命の佇まいを慈しむ、その落穂ひろいの小さな足音にこそ
耳をそばたてたい。NHK「SONGS]での発言。




歌姫は私より1週間お姉さん、もうすぐお互い64歳ですなぁ~。
さぁ~がんばろう、「負けんもんね♪」歌いながら。

色々やることがあって、せっかく上京したのに、
早々と帰ってきた。まさに"Concert Tour"。
画像は観光客もまだやってこない東京駅。
私が去った後「春一番」が吹いたかしら(笑)

記事の半分は新幹線で書いたが、トンネルに
入ると。。。。駄目だね!





c0249836_13040460.jpg





by Hana3131H | 2016-02-09 16:28 | Comments(2)