枝豆ポリポリ食べている。
おぉ~「サモダシ」(ナラタケ)が出始めた、
大根おろしを入れて、味噌汁食べるぞ!
秋の恵みを食しながら、
心にひっかかっていることがある。
今年はまだ作っていない「バジルソース」。
実は昨日もバジルを沢山入れて「ラタトゥーユ」を作った。
もう、これで最後でしょう。。。露地物の桃太郎(トマト)を見かけると、
別れの儀式でバジルと共に食べている。
だけど作っていない「バジルソース」!

ようやくの秋晴れ、午前で仕事を終えて、
庭に出た。

そろそろ「種」も収穫できるな、
(画像下の茶色い部分が種の取れ頃)
よ~し!その前に作ろう!!



c0249836_15101960.jpg



いつものレシピはこちら。。。(藤田みどりさんのレシピです)

今回は「アンチョビ」も「松の実」もないので、
別レシピで。。。

バジル 1カップ(25g)
一応測ってみよう。
カップ自体の重さは100g、それを量りにのせて、
目分量のひとつかみ、おぉ~一回でオーライ!125gだ。(笑)




c0249836_15103292.jpg


・にんにく 4かけ
・松の実(今回は胡桃、オーブンでローストする)大さじ3
・塩    小さじ 1/2
・エキストラバージンオリーブオイル 大さじ5
(回し者ではない! でもこの瓶、使い終わってラベルを剥がすと
 シンプルな黒の瓶になる。再利用したくなる瓶だ)





c0249836_15105613.jpg



出来上がって、瓶詰めするが、小さな手頃な瓶がない!
空気に触れると色が変わるので、上にオリーブオイルを適量入れる。
隣の青い花瓶には、1週間前からバジルの花を活けて、
「作れぇ~!!」のプレッシャーをかけていた。
プレッシャーの任務を負った花も、
プレッシャーに動じない私に愛想をつかし、
萎れかけていた。
さすがに花の気持ちを裏切ってはいけないと思うよね(笑)




c0249836_15110632.jpg



魚介類につけると、
まちがいなく「救世主」になるだろう "Passport to Heaven"
出来上がり。




いつもの秋の花も光を浴びて。。。。
(濃い色のシュウメイギクの方)
コスモス畑のある近くの山にドライブしたくなった。




c0249836_15112204.jpg



いつものHana、
秋の光に憂いを帯びて。。。。
(明日はトリミングだって知っているのかな?)





c0249836_15113177.jpg







by Hana3131H | 2015-09-14 16:26 | Comments(4)


今年ももらってきました「雪歳時記」
上の折れ線グラフ、棒グラフ。。。赤は去年の積雪量・青は30年間の平均積雪量。
下の棒グラフの上のは去年の最高気温、下の○は最低気温

去年の12日、37㎝!だった



c0249836_14124376.jpg


コラムも参考になる。



c0249836_14125000.jpg



今日はくもり、風もなく、絶好の冬支度日和。
小春日和だと、どこかに出かけたくなるからね。

窓ふき、ハーブプランターの片付け。。。。
働きましたねぇ~。
梯子登って、風除室のゴムパッキングがずれている箇所も直した。
本格的な冬になったら、
やるしかない雪かき以外は、
出来るだけ身体を動かしたくないですから。

バジルの葉を冷凍・最後の種をとる。
パセリも冷凍、
せっかくのフレッシュがあるから「ガーリックバター作り」



c0249836_14132719.jpg

料理教室レシピの半量(バター225gで)作って冷凍。

こちらは料理教室のレシピ

①無塩バター     450g
②オリーブオイル  100ml
③ニンニクみじん切り  25g
 パセリみじん切り   50g
④ガーリックパウダー   5g
 塩          10g
 胡椒          1g

①は常温でポマード状にし②を加える。
③④を加えて、全体をまんべんなく混ぜ合わせて出来上がり。
*色を出したい時はパセリをすり鉢で。


ガーリックトーストや肉・魚料理に使えます。

数日前から、夕方冷え込むと風除室に鉢を移動する。
ローズマリーは収穫して台所に下げ、
鉢は子供たちが使っていた部屋で冬越しする。




c0249836_14131933.jpg



真っ赤なバラが二輪燃えていた!
動いて身体が温まっているから、バラの情熱は今はいらないな。
白い「りんどう」でクールダウン。。。。





c0249836_14131237.jpg






by Hana3131H | 2014-11-09 14:56 | 自然 | Comments(2)

忘れられない夏仕事♪

      昨日の片頭痛の名残りがあるのは、
      ぱぁっ!としない天気のせいか。

      雨に濡れたプランターで青々と繁る葉っぱ、
      これは夏仕事の忘れ物だ。
      本当は億劫だけど、こんな時だからこそ、
      「救世主」になってくれるかもしれない。
 

   
 
      「スタジオパークからこんにちわ」で 「大友良英」 さんの
      誠実な語り口や気取らない態度、そして何よりも
      元気が出る「あまちゃん音楽」に触れたら、重い腰があがったぞ。

      

     

c0249836_14163187.jpg




         「バジル」の葉を茎から摘む作業、
         香りが鼻から脳に届く、
         その時私は確かに救世主を見た!
         「ローズマリー」は「喝!」、
         「バジル」は「生きろ!」
 
         ちょっと大げさですが、そう言いたいくらい
         効能のあるハーブの一種だね。

         昨日見た「猫しっぽ」の再放送で、ベニシアさんが
         バジルのことを英語では " passport to Heaven "だと言っていた。

         ちょっと気になって調べてみた。。。。


         
         バジル(バジリコ)という名前は、ギリシャ語の「バジリコン」、
         すなわち「王の(バシレウス)」薬剤ということを意味する言葉から
         由来したもの。キリスト教では、キリスト復活の後、キリストの
         墓の周りにはこのハーブが生えたという伝説もあり、ギリシャ正教
         の教会では、今でも祭壇の下にこのバジルを入れたつぼを置く。
        


         ふむふむ。。。。やはり「救世主」だったんだわ。


         さて、ベニシアさんの 「バジルとガーリックのビネガー」
         出来れば作りたいのですが、
         まずはいつもの「バジルソース」
         但し、今回は 
         「藤田みどり」 さんのレシピで「アンチョビ」を加えた。

 

 
          
c0249836_14164350.jpg



         なめてみた。。。。アンチョビの塩気とうまみが絶妙♪

         パスタはもちろんフランスパンにぬっても良いね。
         もちろん肉や魚介類のソース。


        こんな食べ方も好きだが。。。



                   ≪ レシピ≫


            バジルの葉…100~200g
            ニンニク  …2片
            松の実   …1/3カップ
            オリーブオイル …1カップ
            アンチョビ  …3枚


            ①バジルは洗って葉を摘み、水気を拭き取る。
            ②松の実はオーブントースターで軽くロースト。
            ③フードプロセッサーに、松の実、にんにくを入れて細かくし
             そこにバジルの葉、オリーブオイル、アンチョビをいれて
             滑らかにする。

 
           アンチョビは友達のイタリア土産にもらったチューブがあったが、
           やはり「フィレ」かな、そう思って買った。残ったフィレはあと何に
           使おうかなぁ~。。。。。


           
by Hana3131H | 2013-09-02 15:54 | 食べ物 | Comments(4)

ガラスの季節

予報ではくもり、気温20℃だったが、
午前中の庭仕事は暑いよ。

6月も去りゆく今、涼むには「ガラス」を出して。。。。。


          紅葉用にもちろん沢山残してあります「カシワバアジサイ」
          切って青いガラスに投げ込む♪



c0249836_1573450.jpg



             いつもの漬物も 「津軽びいどろ」 の鉢に。。。。



c0249836_14222820.jpg




昼ごはんを食べながらの楽しみは、
再放送の 「ファーム」

来年は「ズッキーニ」を育てよう♪

More(くんくん♪)
by Hana3131H | 2013-06-27 16:23 | Comments(2)

怖いもの見たさ

久しぶりに 「エスニックソース」 を作る。
これは我が家の「ハレ」用「海老ゴロン春巻き」の時に作るのだ。
久しぶりだから、レシピを探すのにもたつく。
レシピはカードケースの中、カードの表に写真を貼って裏にレシピをメモしている。
雑誌を切り抜いたページが折りたたまれて突っ込んであったりする。
「混乱」状態かと言えば、定番は手前にあるので、それなりに「秩序」を保っている。
で、「ハレ」用は。。。。。もたもた。。。。イライラ!

確か 「栗原はるみ」 さんが、まだ長い髪をアフロ風にしていた頃だから、
相当年月が経っている。
これを機に、ここに書いておくと、次回もたつくことがないだろう。
娘の大好物だから参考にすることもあるかもしれない。


c0249836_19441962.jpg



             ≪ レシピ ≫

        みりん…カップ1/2
        醤油 …大2
        ナンプラー…大1と1/2
        酢  …大2
  
        ①みりんを煮たて弱火で半量に煮詰める。残りの調味料を
          入れて煮立て、片栗粉小さじ2を同量で溶いたもので    
          とりみをつける。

        にんにく(擂りおろし)…大1~2
        生姜(擂りおろし)  …小1
        赤唐辛子       …2本
 
        ② ①の粗熱がとれたらこれらを加える。

        胡麻油 …小1
        レモン汁…少々

        ③ これらを加える。


*************************************************************************************************

         さて、このソースを作ったのは、一昨日見た「今日の料理」(NHK)
      
         唐揚げの変わり揚げ、「エリンギ」で量を増やしている。
         食感も面白そうだし、肉の量を減らせるな。。。。。

         「シュウマイ」の皮にのせて落とし揚げ、「エスニックソース」が
         合うかもしれないな。。。。

         で、作ってみました。

         講師の先生の「揚げ物」アイディアが素晴らしい♪
         

c0249836_19453159.jpg



          「グリル」に新聞紙2枚を折りたたんだものに、「リード」を乗せて
          揚げたそばから置いていく。動線は短い!バットを洗う必要なし!!
 
          さて、30枚のシュウマイの皮にピッタリの量でした。
          でも、途中揚げながら????
          確かに肉の量は減らせるが、出来上がりの量は?!
          草食系の我が家でどんだけ食べるだろうか?
          何より揚げている本人が食べる気力を無くしている。
          きっと息子は言うだろう。。。。「何で海老ゴロンじゃないの?」

          怖いもの見たさの方、モモ肉1枚でこれだけの量!!!
          両端が切れているので、実際はもっと多いんだよ。

       

c0249836_19454640.jpg



           シュウマイの皮のカリカリ、エリンギのシャキィ、鶏肉のもっちり
           楽しいな♪
           「エスニックソース」もぴったりで、麦酒も喜んでいる♪
           だが、γーGTPの件もあって麦酒は週末なのにさみしい量だ。
           何と、息子から連絡。。。。
           「ごめん。。。飲み会が入ったよ」

           明日も週末だからまた食べましょう。

           講師の先生のお宅は大家族なんだよね。
           素敵なアイディアありがとう♪
           他にも良いと思ったのは、卓上おろし器に弁当用アルミのカップ
           を置いて、生姜を擂る♪ ギザギザ部分に残った生姜を洗うのは
           結構難儀なんだよね。
                  
詳しくはこちら



           前から見たいと思っていた番組  「コントの劇場」 
           今夜は見よう♪
by Hana3131H | 2013-05-31 19:42 | 食べ物 | Comments(0)