タグ:おやつ ( 120 ) タグの人気記事

初冠雪の日に。。。


八甲田山は平年より12日早い初冠雪、
と言っても里からは見えず、
画像は久しぶりの秋晴れの日を楽しむ赤とんぼ。




c0249836_14162586.jpg




。。。笑いの色は何色か。。。。。

今朝の朝ドラで主人公「てん」が、
後の夫となる旅芸人から問われたことが気にかかる。
私も気にかかって(笑)何だろねぇ~。。。。

「てん」の兄が「茶色」じゃないかと言う。
茶化す、茶目っ気。。。。笑いにつながるだろう、
それにお茶は人々をほっこりさせて、笑顔にする。。。。

このお茶のほっこり笑顔説には大賛成だ。

「てん」はお茶の色は緑だと言うけれど、
ほらほら「ほうじ茶」があるでしょう。


私の好きな「ほうじ茶」は「一保堂」、
京都に娘さんが住んでいる友達が行く度に
買ってきてくれる。
そして、別の友達からもいただきました。

。。。いつもアリガトウ。。。。



c0249836_14165656.jpg



朝ドラと言えば、再放送「花子とアン」は3年半ぶり。
ストーリーはわかっているから、
面白みは半分だが、その分安心して楽しむことにしよう。

。。。あっ。。。またあの歌が。。。。

昨日からスコット先生が歌い始めた"The Water Is Wide"。

大好きな曲なので、久しぶりにこちらで。。。。

Pete Seeger が加えた詩の重みを感じる。


先週末Sさんが結婚式に出かけ、
花束を持ちかえった。
やはり花は良いなぁ~。





c0249836_14171550.jpg






c0249836_14172835.jpg





c0249836_14174095.jpg





by Hana3131H | 2017-10-05 14:56 | 自然 | Comments(2)

おぉ~。。。。来たなぁ~!
昨日の朝、偏頭痛の徴候現る。
なんとか寝込まずに過ごせたのは、
この頃睡眠時間をたっぷりとっているからかな。
今朝もズキン!
寝込むほどひどくないのがありがたいが、
降り続ける雨の音を聞きながら、
ほっこり過ごすことにした。

15℃。。。10月下旬の気温か、
窓を開けて写真を撮る不精者。

ホトトギスは沢山増えたが、
その中でカメラに収まるのはブロック塀を背景にした
ホトトギスには申し訳ないような写真。。。





c0249836_14405640.jpg



Hanaの散歩も合羽を着て、ちょっとだけ。
あたたかく着込んだが、
頭が冷たくやはり痛い!
毛糸の帽子をそろそろ出そうか。
この地の寒さを甘く見てはいけないな。

私が外仕事をしているときのHana の椅子(苔むした石)
しっとり美しいなぁ~と思う。





c0249836_14411347.jpg




友達からほっこりタイムのお伴、
見て、食べて、飲んで、聴いて楽しめるプレゼントが届いた。
ありがとう♪
これから家の中で過ごす時間、
贅沢なほっこりタイムにしたいと改めて思う。


今日のおやつはその中から。。。。


口どけ優しい "Biscottini"
ラングドシャの食感だが、甘さが控えめなのが嬉しい。




c0249836_14403359.jpg


食べながら、
ゆっくりと旅をしてみたいなぁ~。。。。
イタリアに思いを馳せる。




by Hana3131H | 2017-09-28 15:10

耳が舞う

早朝のわんこの散歩、
人も車もわんこも来ないことを確認して家の少し前でリードをとることがある。
それをカメラでとらえたいと思っていたが、
Hanaと競争して走ってカメラを向ける。。。。ふぅ~きついね。

全身はとらえられないし、おまけにピンボケ。
でもこの「耳が舞う」喜びは、
飼い主の喜び。






c0249836_13520146.jpg


午前中母の所に行く。カーラジオから前回書いた"REBORN"が流れてくる。
随分宣伝しているんだなと思ったら、今日リリースだそうだ。
回し者にはあまりなりたくないと思っているが、Tatsuroさんのためなら良いかぁ~(笑)
なるほど曲の依頼を受けて、何度も行きつ戻りつ推敲を重ねたのが
わかるなぁ~。。。。それほど曲が本で果たしている役割は大きいことを本を読んで知った。

時空を超えたファンタジーであることにほどなく気がつくと、
一気読みをしなくても、物語の世界に戻れる。
いくつかの「ナヤミ」のエピソードの伏線があちこちにはられていて、
正直読了して、そこまで伏線が必要かなぁ~とも思った。
が、不思議な本で、読了した時よりも、時間が少し経ってから
じわりじわりと心に染み入る本だ。

前回のせた門脇さんバージョン、歌いながら涙がにじんでいる。
その映像と本で映画はやはり見なくても良いかなぁ~(笑)

エピソードの中で一番余韻に残ったのは、
第4章「黙祷はビートルズで」だ。

亡くなった人たちが残されたひとたちに伝えるメッセージは、
なんとしてもこれだけは伝えたいと願わずとも、
懸命に生きようとしたこと。。。。その事実の重みで十分かな。

この章の中で大きな意味を持っている"Let It Be"

When I find myself in times of trouble
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom
Let it be

1970年、はじめてこの曲を聴いた時、
難解な詩の意味は全て理解したわけではなかったが、
Let It Be (あるがままに)は
良い響きの言葉だと思い、
今でもやはり好きな言葉。。。




c0249836_13521581.jpg




「ナヤミ」に返事を書くこの本を読んでもうひとつ感じたこと、
ブログにコメントを書くと丁寧な返事をもらうことが多い。
会ったことがある人、ほとんどが会ったことがない人、
その方たちの丁寧さ、相手を思いやりながら書く姿勢、
やはり力がもらえますね。



本日のおやつはいただきもの。。。。
上品な和菓子ですが、あれぇ~食べる時にきなこがこぼれる(笑)




c0249836_15132290.jpg



by Hana3131H | 2017-09-13 15:22 | Comments(2)

りんごの季節

昨日は29℃!
秋仕様の身にはきつい。
今朝、暗闇が白々と明けんとする頃、
いきなり暗闇に舞い戻り、
雷鳴轟き、閃光があちこちに走る!
ふぅ~。。。。
朝食の頃には秋の爽やかな空が広がる。。。やれやれ。


りんごが届く。
秋がどんどん深まり、そしてその先の長い冬に向けての
心構えのエールの第一弾!

がんばれぇ~♪

りんごは何も言わないけれど、りんごの気持ちは
良くわかる(笑)





c0249836_14263058.jpg




「毛豆」(枝豆)の濃い美味しさに
毎日ぽりぽり。。。。
今日は、昨日最後の茗荷を収穫して「甘酢漬け」を作ったから、
白いごはんに両方入れて即席まぜまぜごはんで食べようか。
若い人には胡麻油をちょっとだけタラァ~。






c0249836_14264950.jpg




この頃はまっている珈琲のお伴は
シナモンのビスケット。
ベルギーのこのビスケットは...since1932....とあるから
歴史あるお菓子なんですね。
緑茶に「ニッキ」の八つ橋、珈琲には「シナモン」、
「香辛料」の威力で、
午後のだるさを追い払っている。



c0249836_14270814.jpg





More(サンソン聴いて。。。)
by Hana3131H | 2017-09-10 15:22 | Comments(4)

百日紅

「百日紅」が綺麗に咲いていますね。。。。
近所の方に声をかけられた。
去年剪定したのが良かったのかな。

「百日紅」と言えば、2年前の丁度今頃映画を見に行った。振り返ってみて、「杉浦日向子」さんのふっくら笑顔を思い出した。

それにしても、茗荷、百日紅。。。。書いていることに変化がないですね。
「秋刀魚」も出回ってきたが、小ぶりだねぇ~、
刺身は無理だわ。






c0249836_16453407.jpg


偏頭痛がすっかり去り、こんなにも気分が違うものかなと思うほど、
身体の切れも良い(笑)
庭仕事は草木にからみつき、窒息させるほどの勢いの「ツル」を、
メッタメッタにむしり切りとる。
「ホトトギス」に苦しかった、今年は咲くのはやめようかと
思っていたところだと叱られた(笑)

切った「キレンゲショウマ」
あけびの籠に挿しただけ。。。。



c0249836_16455043.jpg



午前中、母の所に行った時は暑いと思ったが、
午後のおやつは熱いお茶で、お中元に頂いた「水無月」
程よいもちもち感がするりぃ~
のどごしの良さ。




c0249836_16460945.jpg





ラブストリーとして見ていたわけではなかったが、
ときめきの少ないドラマにあって、
大河ドラマ「直虎」はそんな楽しみ方も良かったのだが。。。

「政次」の辞世の句が良かったな

「白黒を つけむと君を 一人待つ
 天伝う日ぞ 楽しからずや」



by Hana3131H | 2017-08-20 20:55 | Comments(4)

34℃!

ふぅ~。。。。「暑気払い」をしましょう。
昼からビールとはいきませんね。

「苦み」も「甘味」もどっちも好き!

おやつは「白玉宇治金時氷」




c0249836_14421070.jpg



何のことはない、かき氷の「宇治金時」を買ってきて、
一年中常備の「白玉」を作り、母の所に持っていった
フルーツ盛り合わせの20%off と同じものを買って
きてのせただけ。。。。

蒸し暑い夏は嫌いだが、これを食べる楽しみがあるから
許せる。もたもたしていたら、かき氷が溶けだしてきたよぉ~。



Gくん、保育園に行ってきます。

Hana かえってきたらあそぼうね。。。。

ぼうしをかぶっていませんよ。。。





c0249836_14435788.jpg




3か月になったKちゃん、
こんなポーズもできるようになりました。。。。





c0249836_14444010.jpg



目が覚めている時間が長くなり、ベッドに横になっているよりも、
抱っこが好きです。

おやおや。。。。Gくんのするどい視線!

この頃はママの愛情確認の「赤ちゃん返り」は少し落ち着いて、
その代わり、みんなの愛情確認、当たり前ですよね。





c0249836_14451241.jpg



そうそう、昨日のこと、「ドタン! おぎゃぁ~!!」
Kちゃんがソファーから落ちた。
Sさんが慌てて抱きかかえて「ごめん、ごめん!」
こんな寝返り記念日もあるんだねぇ~と
二人で苦笑した日。




実は、早朝「偏頭痛」で目が責める。
吐き気もする。。。。。来たか!
旅から帰って1週間、日常を愛しいと思って
過ごして来たけれど、無理もしていたようだ。
今日は孫たちがSさんの実家に行くことになって
いるから、気がゆるんだんだろうねぇ~。
午後、ようやく、動き出せるようになった。

何だか、麦酒での暑気払いも出来そうな気がしてきた。。。(笑)



**********************************************************


4日目 7月2日(日) 夕方 → 5日目 7月3日(月)朝


今回の安いツアーの中で、恐らく唯一の豪華なホテル(実際 そうでした)
リゾート開発が進む「エステポナ」のホテル。

設備も部屋も素晴らしい。
何より一番うれしかったのは、夕食、朝食の豪華さ。
ビュッフェスタイルだが、肉や魚のコーナーがあって、
そこはまるで市場の一角みたいに豊富に食材が並んでいる。
牛、豚、鶏、ラム。。。。大きさも様々だから、
中ぐらいの牛肉をミディアムで。。。。コックさんが
焼いている間、世間話も楽しい(英語が話せました)
魚の豊富さは驚き!その様子の一端はマドリッドの市場で
後ほど。


さて、この五つ星ホテルの思い出ですが。。。。


部屋の写真、今回の旅で初めて撮った。
奥にはテラスがあって、ホテル全体が見渡せる。
困ったのは、プールサイドで12時近くまで、
ショーが行われていたこと。
好きな歌の時は許せるけれど、優雅な連泊組ではない
私たちは翌日にそなえて、睡眠を貪りたいのだが。。。




c0249836_21015465.jpg



たまには「パノラマ」写真を撮ってみよう。
クリックして、虫眼鏡でどうぞ♪






c0249836_20480183.jpg



屋外、室内プールがあるが、
この地だけが今回の旅で涼しかった。
屋根付きが室内プール。




c0249836_21013547.jpg




洗面所、右側にバス、トイレ、シャワールームに続く
ドアがありますが、透明ですねぇ~。。。。。





c0249836_21021802.jpg


左がシャワールーム、右がトイレ、
夜中にトイレに起きた時のために
トイレのドアは開けたままで寝る。





c0249836_21023923.jpg



真っ暗が嫌いなNちゃんのために、玄関口のライトは
点けたまま寝ることにしていた。

真夜中。。。。「ドカン! 痛~ぃ!!!」

悲鳴をあげたのは。。。。私。

皆さん、真夜中に起きたらトイレのライトを点けますか?
多分、6割の人は点けないでしょう。
だって、睡魔が逃げて行きますからね。

そう、私はトイレのドアは開けたままにしていたのに、
透明な洗面所からバスルームに至るドアは閉めたままだったのだ。
そこに勇んで突進!。。。。。コブが出来て、今日、ようやく
消えていました。
ドアがガラスでなかったのは、私のような人がきっと他にも
いるからでしょうね。


朝、朝食前に、地中海のビーチを散歩しようと思う。
門があってそこを出ると、ガシャリ!
鍵がかかった!
出たのは私だけ、Nちゃんはまだプールサイドにいる。
わぁ~ご飯が食べられないよう。。。。ここでも食事を
欠く恐怖心から、必死に心をこめて英語とジェスチャーで
プールサイドの掃除をしている人を呼んだ。
。。。。中に入りたいよぉ~。。。。

旅慣れた人なら知っているのでしょう、門のカギは
ルームキーで開くシステムになっているんですね。
五つ星は慣れていない人の失敗談、
そんなことも過ぎてしまえば、思い出だ。




c0249836_15490275.jpg



朝食は豊富な果物が並んでいて、
好みのスムージーを作ってくれました。


さて、ゆっくり過ごしたいリゾートホテルを
早々と出発。。。。長い移動だなぁ~。
次はどんなことに出会えるかしら。



by Hana3131H | 2017-07-14 16:03 | Comments(4)

青紫蘇

これまで地植え(こぼれ種多し)だった「青紫蘇」、
今年は「鉢植え」にしたら、採れるわ、採れるわ。。。
と言うか採らなければ大きくなり過ぎて固くなるのだ。
今朝は、同じく成長し過ぎの「チリチリパセリ」と
一緒に一部収穫。。。。




c0249836_20175687.jpg


紫蘇とくれば。。。。茄子でしょう。
残念ながら茄子はマイガーデンにはない!
福岡産の茄子を買ってきて、
夏の当地の定番惣菜を作る。

(九州地方の大雨による甚大なる被害に心が痛みます。
本当に自然災害の多い国に私たちは住んでいるんですね)



茄子につけた味噌は我が家は
味噌・砂糖・酒


「茄子の(青)紫蘇巻き」




c0249836_15142584.jpg




おやつタイム

Sさんが唯一やった「ふるさと納税」(当別町)の
おすそわけ。。。





c0249836_15143529.jpg



チーズとチョコレートのブラウニーは濃厚!!
1/4にして一切れで良いかなと思ったら、
もう一個は大丈夫だった。
チョコと言うより、濃厚なチーズケーキを楽しむお菓子ですよ。
中に胡桃が入っているのがうれしいな。





c0249836_15144639.jpg




暑さのせいか、「時差ボケ」か、
そのどちらもでしょう。
スペイン人の習慣である「シェスタ」(Siesta)を実行しています。
ただ、昼寝はし過ぎるとだるいねぇ~。。。



だるさよ飛んでいけぇ~。。。。
日陰を選んで散歩。





c0249836_20180616.jpg




帰ってきて、夕方の水まき。
G君は午前中は水遊びの出来る公園に出かけ、
帽子を濡らしてしまった。
そこで、去年の帽子をかぶせての散歩でした。
ないよりは良いでしょう。
髪は夏は「大五郎カット」
これがばぁ~ばのお気に入りで、
ばぁ~ばもやりたいくらいだわ(笑)





c0249836_20181574.jpg



by Hana3131H | 2017-07-08 20:25 | Comments(0)

かまけていたら。。。

読書にかまけていたら。。。
はて?「かまける」は標準語だっけ?それとも「方言」?

漢字で書くと「感ける」、標準語だった。
なんだか響きが「方言」のような、
親しみのある懐かしい言葉。
「かまける」は何かをないがしろにして夢中になること、
でも決してそれは悪いことではないね。
「感」じること、夢中になれるって、
子供のころはそんな日々が多かった気がする。
大人になるにつれて、
「感ける」ことに罪悪感を感じていったのかな。
だったら、また「感ける」ことをしようかな。。。


とはいえ、「おいおい。。。まてまて。。。かまけすぎはいけません」
初夏の庭から声がする。

そう、草ぼうぼう。
夏の恵みも声をかけて欲しいと言っているよ。


「キュウリ」は朝と夕では3センチは伸びているぞ!





c0249836_21314211.jpg



ゴーヤの可愛い実、
胡瓜みたいになる頃は、
緑陰カーテンもかかっている頃だ。







c0249836_21320047.jpg



周りの雑草が恥ずかしいが、
「ホタルブクロ」





c0249836_21322065.jpg




アジサイ寺(明月院)に出かけた時、
「ユキノシタ」も綺麗に咲いていた。
我が家の「ユキノシタ」は一時絶滅寸前だったが、
なんとか頑張っているのがうれしい♪

花言葉「深い愛情」



c0249836_21323395.jpg




おやつにいただいたブランデーケーキ。
1950年創業のこちらのもの。。。
私と同じ位、時を過ごしてきたなんて、
親しみを覚える。





c0249836_21324817.jpg



回し者ではないけれど、
今まで食べたなかで一番美味しい「ブランデーケーキ」でした。





c0249836_21330778.jpg

by Hana3131H | 2017-06-20 22:03 | Comments(4)

強風の置き土産

起床4:30頃、ほぼ日の出(4:27)と共に起きていることになる。
ならば日の入りに眠るのが健康的なのか。。。。18:41.。。。無理!

朝の外仕事、草取り。。。。気分爽快と言いたいが、疲れていて、少しで止めた!

2日続きの強風、
花吹雪だぁ~。。。。「花筏」ならぬ「花絨毯」と言いたいが、
あっ!と言う間に、絨毯の花が強風で飛ばされる。

どこかに強風の置き土産、嵐と花の痕跡はないのか?

あっ!あった!!

????



c0249836_14504787.jpg



ズームすると。。。。

嵐が花を蝶に変えた!(笑)

それにしても汚い窓だ、
GW期間中に窓ふきをしたのはなんだったのだ!
「黄砂」!!!
洗車をさぼっておいて良かった。




c0249836_14500048.jpg




昨日、「リーチ先生」を読み終えた。

画像は今日のおやつタイム、
まだ余韻を楽しんでいる。
と言うか、「ツバキ文具店」とたて続けに読み、
読書疲れのようだ。
どちらも良かったのだが、若い頃と違って、
知識を受け入れる脳内の容量が少なくなっているように、
感性の揺れもたて続けはきついのだろう。


おやつタイムの珈琲は
ほっこりする「益子焼き」スリップウェアー。


c0249836_14505840.jpg



「リーチ先生」はノンフィクション文学の傑作に与えられる新田二郎賞受賞。
白樺派の作家、芸術家は知識としては知っていたが、
その人となりはわからなかった。
地味な本である、ミステリーを読む楽しみの仕掛けのようなものはない。(あっ!ちょっとある)
原田マハさんのお得意の(?)男女の情愛に関する部分はないわけではないが、
圧倒的に「バーナードリーチ」の魅力、彼を慕った人たちの思い、努力が描かれている。
そのひたむきさに惹かれて読んだ。
彼らが求めたものは、名も無き職人の手が生み出す日常の生活道具、
「民藝(民衆的工芸)」
「用の美」。。。美は生活の中にある、各地の風土から生まれ、生活に根ざしたものの中に
美はあるとの思いを強くし、それを後世に伝えた。

もう一度 「日本民藝館」に行ってみたくなった。

午後、銀行に出かけ、待ちながら雑誌を手にした。
読後の余韻が出会わせてくれた美術館、メモった。(笑)

こちらの美術館に行ってみたいなぁ~♪


で、今日のおやつはおみやげにもらった「ゴマ半月」。
「セサミン」たっぷりの和風ゴーフル、
食べごたえがあり、美味しかった。
満月だったら食べきれないだろうな(笑)



5月6日の「月」




c0249836_14511853.jpg




5月8日、今日の月
もうすぐ満月だな。。。。



c0249836_20501324.jpg




by Hana3131H | 2017-05-08 20:57 | 自然 | Comments(2)

「やさしい」食事

昨夜、雷、雨、眠れないのではと思うほど激しかったが、
いつの間にか眠りに落ちたのは、
「花酔い」散歩(9,500歩)のおかげかもしれない。

今朝、雨はまだ降っている。
一晩中の雨で、八重の水仙はうなだれている。





c0249836_17114836.jpg


合羽を着て、家の中に連れてきた。
どの花器にしようか色々試したが、
結局いつもの白いポットが一番お似合いだ。





c0249836_17120153.jpg


玄関に花があるって良いな。
今日は友達を誘って、午後出かける。
彼女の車で行くことになっているから、
迎えに来てくれた時、
八重の水仙も喜んでくれるだろう。






c0249836_17121014.jpg



昼食後、友達とある講座を受講するため出かけた。
きっかけは、
3月こちらのcafeで「やさしい」食事を食べた時、
その店に置かれていたパンフレットに興味を持った。




c0249836_21063293.jpg




友達は去年ある病気で入院・手術をした。
きっとこの講座に興味を持つだろうと思った。
そして私は健康診断で赤点を2つとって、
このままではいけないと思っているのだ。


講師は関西弁(奈良出身)盛岡在住のとても素敵な女性だった。
老若男女、2時間の講義を熱心に受講し、
質問も活発にでる。
無料のおやつもとても美味しかった。

講義の内容?

「やさしい」食事とは。。。。楽しく食べること。
それなら私にも出来そうだ(笑)



画像…おやつの「りんごケーキ」と「三年番茶」





c0249836_17134410.jpg



近くなら通ってみたいと思うキッチンの詳細、

こちらが講師の先生のホームページ。。。


************************************************


今日の弁当…「塩豚炒飯」
       塩豚はネギや生姜の切れ端を入れて、20分煮たもの。
       


c0249836_17122010.jpg



by Hana3131H | 2017-04-26 21:22 | 食べ物 | Comments(2)