胡桃に夢中

今回、山形川西町のおみやげは、
豆と胡桃をリュックに入れて背負ってきた。

胡桃は2種類あって、値段は380円と800円だった。
いつもの私なら安い方を買うのだが、
胡桃好きとしては、高い方は何が違うのか。。。
確かめたかった。

店の人と世間話をしたり、
ツバメと戯れたり(笑)した後、
いざ、会計。。。。

詳しい店のおじさんは姿が消えて、
娘さんが会計係りで登場。

。。。あれぇ。。。この胡桃はどっちだったかな?。。。
(どちらもネットに入ったまま無造作に入り乱れている)

私たち、正直だから自己申告、本当!
。。。高い方ですよ。。。

数秒の「間」(ま)。。。。。良いですよ、380円で。。。

もう、嬉しくて、来年も来ますと言ってしまったよ。(笑)

さて、2種類あった胡桃の安い方は「オニグルミ」だったと思う。

こちら買ってきた胡桃、名前が書かれていたのだが、忘れた!
で、今回調べてみたところ、
「カシクルミ」か「信濃クルミ」の一種だと思う。
(一緒に買ったYちゃん、覚えてる?)

殻は薄く軽い。

毎日食べているので、すでに10個は減った。
手先に震えがこないように、毎日手で転がすよりも、
口に入ってしまうのだ。

外国産に比べると、油分が少ないのに、
コクがある、が、食べた後はすっきり。
実力があるのぉ~。。。



c0249836_10180938.jpg


お尻に包丁を立てると、簡単に割れる。




c0249836_10181925.jpg


胡桃の殻、取り出した実、毎日眺めて
幸せになっている。

食べると幸せが身体中に広がっていくのだ。

一番多い食べ方は作り置きの人参サラダに混ぜている。




c0249836_10183086.jpg



これまでも大好きだった、
これからもっともっと好きになりそう、
ずっとそばに居て欲しい胡桃。。。。


こちらのホームページは胡桃とさらに深くつきあいたい人にはおすすめのページ。。。。




午前中、9時過ぎから雨が降り出す。
剪定やら庭仕事にちょっと疲れているから
一休みの雨だね。。。


昨日の青い花の手前、軒下のプランターで育てているハーブ、
左は毎日食べている「ルッコラ」(毎年種をとって蒔いている)
右は「オレガノ」。。。ちょっとだけレモンバームも顔を出している)

ミントは地植えだが、増えすぎないように、私にしてはまめに闘っているのだ。

ルッコラの左には去年の種を蒔いた「バジル」
まだパヤパヤです。
トマトがなるころに合わせているんでしょうねぇ~。




c0249836_10184294.jpg


さて、午後は母の所へ。。。



# by Hana3131H | 2017-06-15 10:59 | 食べ物 | Comments(4)

青い花の季節

青い花の季節、
30代の頃に植えた宿根草やハーブ、
気まぐれ手入れでも毎年咲いてくれる。

チャイブの隣には青い花の季節の主役、
大きな「ねぶた」は最後だから、
まだ少し先。。。。。。「ラベンダー」





c0249836_13280188.jpg


このクレマチスは実際はもう少し暗い色、
チョコレート色に近い。




c0249836_13281197.jpg


「シラン」は増えすぎだね。。。




c0249836_13281885.jpg



爽やかな青空、
剪定日和だ。
いつものように
ざくざくちょきちょき
床やになる。
切ったあとの片つけ
疲れるなぁ~
そう思いながら
掃いたあとのすっきり感
この季節のリフレッシュ法のひとつだ。


飛行機が飛んで行くと、
思わずG君の名を呼んでいる(笑)
あぁ~。。。まだ保育園だっけ。
見せてあげたいよう、
一瞬思うが、
やはり黄昏時の相棒で良いよ。

おかしぃな~ばーば!

(可笑しいは私の口癖のようだ)



c0249836_13284944.jpg



# by Hana3131H | 2017-06-14 13:45 | Comments(2)

6月4日(日)合宿二日目午後

2:00 にはこの合宿所に別れを告げることになる。
今夜はNは自分のアパート、S、Y、私の3人は去年私がこの日の
ために下見に来た宿だ。(前日加藤登紀子が泊まった宿)

記念写真を撮りましょう♪

さて、それぞれスマホで写真は撮っているが、
一応ミラーレスのカメラの私が広報係り。
(今日、皆さんに写真他発送しましたよ。お楽しみに)
だが、セルフタイマーの使い方が分からない!

そこで、Sちゃんが自分のスマホでチャレンジ!

これがなかなか上手くいかない、4人が美しく並んで撮れないのだ!
何度も何度も、スマホにかけよっては、小走りでSの位置に、
そこでスマホが倒れたり!

やるたびに、私たちは「箸が転んでもおかしい年頃」になるのだ。

*大辞林 によるとこの言葉
「なんでもないこともおかしがって笑う年頃。女性の十代後半をいう」

十代後半、出会ったころだね。


腹から笑うことの爽快さ、
これからまた、
周りに迷惑をかけない程度に「箸転び笑い」をたまにはね!




c0249836_13492623.jpg

6月17日 追記(Yのブログで思いだし、記録しておこうと思う)
 
14:00 社長が経木に包まれたお饅頭を抱えてやってきた。
NとC君。。。。あっ!買えたんですか。うれしいな。。。。
この町の和菓子屋「十印」のお饅頭だ。
豆の町であることを誇りとするにふさわしいお饅頭は
ふっくらもちもちの皮に包まれたあんこが甘すぎず、
絶品!
おみやげに持ち帰りたかったが、
その日、町で買って食べる贅沢さも美味しさなのだ。
皆であったかいお茶を飲みながらお饅頭をほおばる。
あぁ。。。。至福の歓び!


さて、向かったのは、動物と人間の触れ合いが持つ力に
気がつき、55歳で一念発起、
セラピストになったYが行きたかった場所。

「ひらすび牧場」
(ひらすびは「昼遊び」の意味)

3頭の馬がいる。

何てやさしい目。。。



c0249836_14411186.jpg



乗馬体験はNとC君。
二人とも初めてだ。
体験後、
。。。何ともいえない幸せな感覚が蘇る。有酸素運動になるし、
体幹を鍛えてもくれる。。。

本当に二人とも一層素敵な笑顔で話してくれた。
二人の感想を聞いた社長、
。。。よし!疲れた社員にここで乗馬体験、馬の世話をさせてみよう。。。
ホースセラピストの方と打ち合わせ。
即断即決の社長。




c0249836_14413800.jpg



心が疲れた時、馬に見つめられたいな。
あっ!私にはHanaが居たね(笑)



c0249836_14414943.jpg





次に向かったのは社長が今作っている学校。
この学校、子供でも大人でも、朝から放課後まで、好きな時に好きなだけ
過ごし、帰る時にどんなささいなことであっても良い、ひとつ、
。。。あぁ~今日は楽しかったなぁ~。。。
そう思って帰れる学校にしたいと何度も語っていた。



c0249836_14422415.jpg



教室の黒板。。。ついその前に立って、にっこり笑ってしまう私(笑)

本は左側に岩波の文学全集など、右側には「島耕作シリーズ」が並んでいた。

ここのピアノで社長が弾いたのは "Yesterday"




c0249836_14423888.jpg



廃材などで家具を作ったり、古い家具を蘇えさせたりする
木工室は、C君にとっての素晴らしいアトリエ。
ここで木工やってみたいなぁ~。。。と思った。

床。。。良いねぇ~。




c0249836_14425298.jpg


校庭には野外ステージを作りたいと言う社長。
後ろの林の木が数本倒れていて、
何とかしよう、役場にかけあおう、
駄目なら自分たちでやるしかない、
そう言う社長にNとC君は顔を見合わせて、
次々アイディアは素晴らしいが、そばに居る
私たちは色々やらないとねぇ~。。。
「走りながら考える」素敵な社長を
どうぞ、頑張ってサポートしてね。


この日、最後の見学は前日オトキさんが来た「寒河江善秋」の碑。

本当に充実の一日でした。
ありがとうございます、社長、C君。


宿に送ってもらって、Nは先に入浴。
私たちはチェックインして、向かいのドンキホーテのような八百屋に向かう(笑)

買いました!豆、胡桃。。。Yは干しぜんまいやひょうも。
リュックに背負って帰ります。

この店にはツバメの巣があって、
近くのおばあさんが、親ツバメが餌を運ぶたびに
5羽のツバメが口を開けては、
我先にと巣から身を乗り出す姿が愛らしいと見学に来ていた。

。。。ほらぁ~かわいいべぇ。。。

ピンボケですが。。。このあと奪い合い!
下の青は傘だ。



c0249836_14445166.jpg



入浴後、待っていたNも一緒に夕食、
今回も一人分の量が食べきれないほど。
去年とクリームビュルレ以外は別メニューなのは、
Nによると、リピーターには同じ料理は出さないよう、
記録しているとのこと。
去年の料理はこちら。。。

c0249836_14453543.jpg

c0249836_14462699.jpg

c0249836_14471074.jpg


c0249836_14475273.jpg


c0249836_14483239.jpg



c0249836_14492725.jpg



c0249836_14501404.jpg




Nは自宅に戻り、3人は尽きない話、
その時フロントから連絡が入って、
社長が88歳かな、お母さんが下処理してくれて
太い黒わらびを翌日の朝食に持ってきてくれた。
何とホスピタリティ溢れる方。
二度目の風呂に入ってZzzzzzz...


翌朝の食事、やはりこれまでの生涯で食べた美味しい食事の
3本指に入ります。
去年の朝食とドンキホーテの八百屋はこちらに詳しい



c0249836_14505564.jpg



フロントの方に、
去年もお世話になりました、
来年もよろしく。。。別れを告げる。

3人が乗った米坂線が米沢に向かって発車したあと、
撮った写真がNから送られてきた。



c0249836_14514978.jpg



みんなありがとう♪
またねぇ~。。。



*******************************************


自宅に着いて、6月4日の新聞を開いた。
Re ライフ(Life) 人生充実

加藤登紀子の ひらり一言

人生はおもろないといかん!

歌手になったきっかけをくれた父親の言葉。
「正しい」より「面白い」を決め手に生きたらいい。
「正しい」の包み紙をちょっと破いて。


*ごめんなさい。コメントの返事は明日。。。

# by Hana3131H | 2017-06-13 21:12 | Comments(0)