カテゴリ:自然( 188 )

羊かなぁ~

今朝の雲。。。。




c0249836_14100138.jpg




いつもは「うろこ」「いわし」「さば」「ひつじ」と
迷うのだが、
このモコモコは「羊」だねぇ~。
羊ってことは「羊毛。。。Wool。。。だよ。
きっと今日も暑くなるんだろうね。



ゴーヤカーテンはくねくね編んでやることをさぼった所を
のぞいて、まぁまぁ~の出来でしょうか。
もちろん「チャンプルー」は食べた。
2軒ほどにお裾分けもした。
ゴーヤの収穫はこれからが本格的、
夏はまだまだこれからだな。
梅雨明け宣言もまだだっけな。








c0249836_14100895.jpg



20日に40℃の高熱を出したG君(2歳児)、
熱は3日ほど続き、病院では夏風邪の診断。
が、熱がひけるころからプチプチ出始めた。
これって「手足口病」じゃないか!
疲れが出たのかママは昨日40℃の熱、
息子は仕事を休んだ。
今日も病院で点滴だ。
なんとKちゃん(3か月児)までプチプチ出始め、
今日病院へ連れて行ったら。。。。うつりましたね。。。トホホ。

G君の熱が下がって元気やんちゃになったのはうれしいが、
ブチブチでている間は保育園はお休みだな。
ば~ばの体力・気力が試されている日々、
なんとかなるよねぇ~
なんとかするしかなぃなぁ~
いつもの口癖で自己暗示。



by Hana3131H | 2017-07-25 14:26 | 自然 | Comments(2)

スズランの咲く頃

今日の故郷の海。。。。





c0249836_15062928.jpg





c0249836_15065816.jpg


桟橋と可動橋。。。

この辺りが青函連絡船の待合室があった所だな。

可動橋は、まるで八甲田丸につながっているように見えるけれどね。




c0249836_15071160.jpg



修学旅行の若者達が次々とやってくる。
こうやって見ると、まるで船のデッキに並んでいるみたいだ。






c0249836_15072552.jpg


岸壁沿いの街路樹、
前回来た時はピンクの蕾だったのに、
今はほとんど白い花。

「ズミ」(姫りんごの花)

花言葉「追憶」



c0249836_15082177.jpg



今日は風が少し冷たい。
あぁ~カモメだぁ~。。。




c0249836_15074988.jpg



このカメラだと撮れないね。





c0249836_15075726.jpg




スズランの花。。。。





c0249836_15092567.jpg



「スズラン」は「天国への階段」(Ladder's to Heaven)と呼ばれている。
花言葉は "Return of Happiness" "Purity(純粋)" "Humility(謙虚)"

中学時代からずっと支えてくれた友、
これからもずっと支えていてほしい友、
スズランが咲く頃に亡くなった。




More(ズミの花言葉)
by Hana3131H | 2017-05-12 19:46 | 自然

強風の置き土産

起床4:30頃、ほぼ日の出(4:27)と共に起きていることになる。
ならば日の入りに眠るのが健康的なのか。。。。18:41.。。。無理!

朝の外仕事、草取り。。。。気分爽快と言いたいが、疲れていて、少しで止めた!

2日続きの強風、
花吹雪だぁ~。。。。「花筏」ならぬ「花絨毯」と言いたいが、
あっ!と言う間に、絨毯の花が強風で飛ばされる。

どこかに強風の置き土産、嵐と花の痕跡はないのか?

あっ!あった!!

????



c0249836_14504787.jpg



ズームすると。。。。

嵐が花を蝶に変えた!(笑)

それにしても汚い窓だ、
GW期間中に窓ふきをしたのはなんだったのだ!
「黄砂」!!!
洗車をさぼっておいて良かった。




c0249836_14500048.jpg




昨日、「リーチ先生」を読み終えた。

画像は今日のおやつタイム、
まだ余韻を楽しんでいる。
と言うか、「ツバキ文具店」とたて続けに読み、
読書疲れのようだ。
どちらも良かったのだが、若い頃と違って、
知識を受け入れる脳内の容量が少なくなっているように、
感性の揺れもたて続けはきついのだろう。


おやつタイムの珈琲は
ほっこりする「益子焼き」スリップウェアー。


c0249836_14505840.jpg



「リーチ先生」はノンフィクション文学の傑作に与えられる新田二郎賞受賞。
白樺派の作家、芸術家は知識としては知っていたが、
その人となりはわからなかった。
地味な本である、ミステリーを読む楽しみの仕掛けのようなものはない。(あっ!ちょっとある)
原田マハさんのお得意の(?)男女の情愛に関する部分はないわけではないが、
圧倒的に「バーナードリーチ」の魅力、彼を慕った人たちの思い、努力が描かれている。
そのひたむきさに惹かれて読んだ。
彼らが求めたものは、名も無き職人の手が生み出す日常の生活道具、
「民藝(民衆的工芸)」
「用の美」。。。美は生活の中にある、各地の風土から生まれ、生活に根ざしたものの中に
美はあるとの思いを強くし、それを後世に伝えた。

もう一度 「日本民藝館」に行ってみたくなった。

午後、銀行に出かけ、待ちながら雑誌を手にした。
読後の余韻が出会わせてくれた美術館、メモった。(笑)

こちらの美術館に行ってみたいなぁ~♪


で、今日のおやつはおみやげにもらった「ゴマ半月」。
「セサミン」たっぷりの和風ゴーフル、
食べごたえがあり、美味しかった。
満月だったら食べきれないだろうな(笑)



5月6日の「月」




c0249836_14511853.jpg




5月8日、今日の月
もうすぐ満月だな。。。。



c0249836_20501324.jpg




by Hana3131H | 2017-05-08 20:57 | 自然 | Comments(2)

さて、もう一度梵珠山の頂上から故郷を眺めてみよう。
大きな画像なので、クリック!虫眼鏡で。。。

崩壊の危険があると言う展望台、次回来るまでには
直しておいて欲しいな。




c0249836_14355846.jpg


頂上の観音様に手を合わせる。
この山は青森と五所川原に跨った山、
さて、父母の故郷、五所川原の観音様はどれか、
あっ!あった!!





c0249836_14361229.jpg



梵珠山の近くに「大釈迦」と言う地名があるが、
どうやらこの山は古くから信仰の山であるらしい。
私は年齢のせいもあろうが、
この頃信心深くなってきたような気もしないではない。

あれぇ~!何、あの光は?

山を下り始めて見えた光。。。





c0249836_14363135.jpg


まさか、火の玉ではないよね、
そもそも火の玉は昼は出ないでしょう(笑)

県の観光関連のホームページの中に「火の玉探検」がある。。。。

古くから信仰の山とされてきた梵珠山に深夜登山し、
伝説の「火の玉」の出現を見ようと、毎年行われています。
昔から、旧暦の7月9日から10日にかけて不思議な光が目撃されており、
「お釈迦様の墓に高僧の霊が帰って来る時の後光」とされ、
運良く見ることができれば、御利益があると言われています。
是非、神秘の世界を体験してください!


何にせよ、ホーホケキョ♪をBGMに
フィトンチッドを全身で浴びていること自体御利益ですね。


。。。。こんにちわ。今、良いものを見てきましたよ。
このすぐ先です。。。。

山を登って来たおじさんが教えてくれた。

カメラを持つ手に力が入る、
あぁ~。。。なんで望遠レンズではないのだ!!







c0249836_14372433.jpg




あっ!振り向いたぁ~。




c0249836_14374177.jpg




もう一度、振り向いて欲しい。
名前はなんて言うんだろう、呼んでみようか、
。。。。Hana♪。。。。

どうやら「ニホンカモシカ」の名前はHanaではなかった。(笑)

カタクリが好きなのだろうか。
一心不乱に食べていた。

こんな光景に遭遇したのも御利益だ。





c0249836_14375749.jpg



さぁ~。。。森林浴




c0249836_14391131.jpg






c0249836_14394477.jpg





このツツジは「ムラサキヤシオ」かな。。。。





c0249836_14392932.jpg




芽吹きの淡い緑色の中に、
ほのかなピンク色の「山桜」
良いなぁ~♪



c0249836_14402527.jpg



登り所用時間は1時間弱、
花をゆっくり見、写真を撮りながらだった。
下りは45分。。。。下りの方がキツイ!
膝が苦笑いだ。

駐車場に着くと、飛行機雲。。。。
故郷探検も楽しかったが、
う~ん。。。。旅に出たいな。





c0249836_14403758.jpg




古い歌だが、この歌を思い出した。

「シーハイルの歌」

1.岩木の下ろしが 吹くなら吹けよ
  山から山へと われ等は走る
  昨日は梵珠嶺(ボンジューネ)今日また阿闍羅(アジャラ)
  煙立てつつ おおシーハイル

2.ステップターンすりゃ たわむれかかる
  杉のこずえの 未練の雪よ
  心は残れど エールにとどめ
  クリスチャニアで おおシーハイル

3.夕陽は赤々 シュプール染めて
  たどる雪道 果てさえ知れず
  町にはちらほら 灯がついた
  ラッセル急げよ おおシーハイル

「シーハイル」は英語なら  "Viva Ski"、、あれぇ? "Viva" はイタリア語だっけかな。
ドイツ語で " Schi Heill"だそうな。
※ Shi はスキー、Heill は万歳



確か「ダークダックス」が歌っていたような記憶があるが、
なかったので、こちらで。。。。






この歌を聞くと、歌うと、
映画「八甲田山」を思い出す。
高倉健のこと、
「ねぷた」の送り絵の切なさ、
真夏の映画館から出て来た時、嫌いな暑さがありがたかったこと、
居酒屋で北大路欣也と隣り合わせ、
プライベートだからそっとしておこうと思ったこと、
ミーハーだけど、気を遣う私(笑)


******************************************************


今日も爽やかな初夏を思わせる天気、
4時には目が覚めて、4時半には起きてしまった。

ゆっくり弁当作り。。。

GWに仕事がある息子、
好物の唐揚げで頑張れ♪



c0249836_14413804.jpg

by Hana3131H | 2017-05-04 19:58 | 自然 | Comments(2)


職場の同僚だった山のプロがよく言っていた。

。。。。春はまず「梵珠山」からスタート。。。。

小学校の遠足以来行ったことがない、
50年ぶりに行って見ることにする。
天気予報と仲間の日程を聞いて、今日と決めていた。


弁当…上は息子の弁当、下が山用

昆布と椎茸の佃煮・牛蒡と豚ばら肉のキンピラ
玉子焼き・パプリカのピクルス
鶏ハムと胡瓜のオイキムチを和えたもの
稲荷寿司と雑穀ごはんのおにぎり






c0249836_16065956.jpg


八甲田の姿は天気予報、
今日は爽やかな五月晴れ。





c0249836_16071089.jpg



車で45分。。。。案内板がある駐車場にはすでに先客あり。
人がいない山は怖いから、ホッとする。
因みに帰るころには駐車場は満車、県外ナンバーの車もあり、
「県民の森」としても"Welcome!"
嬉しいかぎりだ。





c0249836_16072159.jpg


大好きな山桜も歓迎している。





c0249836_16074291.jpg



c0249836_16075235.jpg



登山口に行く途中、「ミズバショウ」が群生している。
見頃を逸したのは残念だが。。。。。




c0249836_19334686.jpg



噂には聞いていたが、まさに春の山野草の宝庫、
あふれんばかりの花々が登山道脇に咲いている。
ただ、そのほとんどが、ミズバショウ同様に、
雪がまだ少し残る頃、4月中旬頃が見頃のようだ。
もちろん十分楽しめたが。。。



「エンゴサク」



c0249836_16080232.jpg


「オオカメノキ」

名前の由来は葉を亀の甲羅に見立てて、「大亀の木」



c0249836_21085862.jpg



4月末まで咲いていた我が家のキクザキイチゲ5輪

ここでは道すがら常にそばにいてくれた。
やはり見頃は過ぎているが。。。。




c0249836_21014449.jpg






c0249836_21020995.jpg



登りはそれなりに苦しい!と思うこともあるが、
花や木漏れ日、ブナの芽吹きが癒してくれる。





c0249836_21034997.jpg




c0249836_21053660.jpg





途中、岩木山展望所でバナナを食べる(笑)




c0249836_21040809.jpg



カタクリも星の数ほど咲いていた。



c0249836_21024312.jpg


頂上に登る階段にも。。。




c0249836_21030455.jpg



階段に腹ばいになって撮った(笑)




c0249836_21031818.jpg



木々のオブジェがそこかしこに。。。。
自然はアーティスト、
芸術家たちは自然に少しでも近つきたいと
努力しているのだろう。
そんな内容のことを「リーチ先生」で読んでいる(笑)




c0249836_21043124.jpg





山のスミレは一層愛らしい。。。



c0249836_21061062.jpg



「オオバキスミレ」



c0249836_21063497.jpg




頂上近くの残雪



c0249836_21065363.jpg





見あげると
「シラネアオイ」


c0249836_21072024.jpg







c0249836_21073621.jpg





頂上の標識
天気も良いし全て見られると思ったが、
展望台は「崩壊の恐れあり。危険!登るな!!」の注意書き。
一瞬、悪魔が囁いたが。。。。壊れて翌日の
三面記事に載ってはまずいな(笑)





c0249836_21044437.jpg



陸奥湾

「釡臥山」も見えると聞いたが。。。。どれぇ?




c0249836_21052120.jpg




下りは続く。。。。
すごいことに遭遇した!!
是非記録に残したい。

残念なのは、荷物を少しでも軽くしたいと、
一眼レフを持たなかったこと。
次回はバナナを減らしても、持とう。



by Hana3131H | 2017-05-03 21:43 | 自然 | Comments(2)

故郷の海

昨夜、天気予報を見て、思った。

海に行こう。。。。

Hanaとの散歩コースの海は「花見」の人で溢れている。
行きたいのは、私が4歳~18歳まで住んでいた街、
子供の頃よく遊んだ岸壁だ。

天気晴れ、風なし、気温19℃。

図書館で本を返却、予約していた本ともう1冊を借りて、
リュックを背負って歩く。

画像…Hana3131の部分が駅前のA-Factory
   その向かいに一年中ネブタが楽しめる「ワラッセ」がある。


"Bay Bridge" と "八甲田丸"




c0249836_15074644.jpg



岸壁には今はフェンスがあるが、以前はなかった。
そこでの遊びは今思い出してみるとスリリング、危険いっぱいだが、
子供ながらに皆、危機管理意識はあったな。。。。

海は以前より綺麗になったなぁ~。。。。




c0249836_15075882.jpg



この街にも大型客船が次々と寄港、
(今日はいませんが)
街を歩く外国人が多いのにびっくり。





c0249836_15081004.jpg





c0249836_15082438.jpg



今は整備されて公園もあり、親子連れが遊んでいる。
30分の散歩、5,300歩
これから頻繁に来たいと思う。

故郷は遠きにありて思うもの。。。。

物理的には近くに住んでいるが、
忙しかった生活の中で、
精神的には故郷のこの海は遠かったような気がする。

子供の頃よく遊んだ友達が、今、病気と闘っている。
海に向かって。。。。がんばれぇ~♪


昼前には帰宅、充実した半日だった。


午後、風が強くなる。外仕事は少しだけ。。。。

カタクリ



c0249836_15091600.jpg



More(ツバキ文具店)
by Hana3131H | 2017-04-30 16:30 | 自然 | Comments(4)

桜満開宣言の日。。。

昨日21日、気象台の標準木の桜が満開になる。
Hana との散歩、「海にタッチコース」は、
桜の名所でもあるので、まぁ~1週間位は避けて、
穴場の「川沿い桜並木タッチコース」にしよう。

昨日は、ミニクラス会があった。65歳のおじさん、
おばさんの集まりだが、会って乾杯♪
話し出すと、17歳の少年少女になる(笑)
会合の前に予約していた本を取りに図書館へ。
少し時間があったから、珈琲を飲みながら
読み始める。

先週のドラマの部分を読んだが、やはり本は良い♪
想像力が膨らむ。尤もドラマが始まってしまったから、
キャストの顔が浮かぶのだが。
手紙が良いね。
文房具好きとしては、本当に楽しめる本だ。



c0249836_19221295.jpg



会合の後、2次会に誘われたが、翌日に響く、
弁当を作りたいし、不参加。
友達と別れて歩いていると、元同僚2人にばったり。
一人はつい最近まで一緒だったが、もう一人は40代の
頃の同僚だ。お互いに懐かしく「ハグ」!!
会えて良かったぁ~。

10時前には帰宅、ドラマ「ツバキ文具店」を見る。


******************************************************************


今朝のカタクリ
砦の中で守っている。


c0249836_19201456.jpg


昼前のカタクリ
砦の壁を取り払う(笑)
後ろの緑は溢れるほど咲く黄色のカタクリだが、
まだこれからだ。




c0249836_19202597.jpg



サクラソウとムスカリ




c0249836_19203632.jpg




今日の弁当

焼きそば(野菜たっぷり、太麺が美味しい。職場でチン♪だろうからタッパー弁当)
サラダ・グレープフルーツ・煮卵

パプリカ・カリフラワーはピクルス




c0249836_19205533.jpg


カリフラワー150円、買うでしょう。
買ってピクルス作るでしょう。





c0249836_19213436.jpg



いつもは胡瓜や人参も一緒にピクルスにするのだが、
全て酢!だと飽きる、
ポリポリ全く手を加えない自然な生食いの
胡瓜、人参そして大根。





c0249836_19210667.jpg


今日の「イチゲ」



c0249836_19514203.jpg



庭は40年以上前に作った。
数年毎の剪定、雪囲い、
弘前に近い町からやってきてくれる、
庭を作ってくれた造園業の家族とも長いつきあいだ。
作ってくれた先代が亡くなったのはいつだったろう。
一緒に娘夫婦と孫を連れてきていた。
あのちゃんばらごっこをやっていた子はもう
成人しただろう。
今日娘さん夫婦が訪ねてきた。

あれぇ~?薬かけには早いなと思った。

。。。。母の介護で仕事をやめることにしました。。。。。

休憩時にだした「お汁粉」を美味しいと言ってくれた二人、
20代から来てくれていた二人、
最初の頃は先代とつい比べてしまい、
内心仕事が雑だと思うこともあった二人に、

。。。。ありがとうございます。そして、身体を大事にしてください。。。。

庭からもらう喜びは大きいが、木々は大きくなり過ぎた。
いつか庭も形を変えて、草花だけにしたいと思っているのだが。。。。





by Hana3131H | 2017-04-22 20:14 | 自然 | Comments(0)

愛しいイチゲ②

春はこんなにも風が強かったかしら、
そう思う日が続いている。
それでも気温はぐんぐん上がって20℃。

定点観測の(和室の前の狭い庭)
イチゲに会いにいくと

風にも負けず、
石にも負けず、
ダンスをしている。

弱音を吐いてはいけないなぁ~、
この花を見ると思う。




c0249836_15340017.jpg






c0249836_15341163.jpg




シェードガーデンの雪割草





c0249836_15342267.jpg



あっちこっちピョコピョコの「ムスカリ」





c0249836_15343109.jpg



「春の妖精」も良いが、
見慣れたどこにでも咲く花、
でもきっと見過ごされていることも多いだろう、
そんな花が愛しいと思う年頃かな(笑)


さて、何の花でしょう?





c0249836_15344020.jpg






ピンポン♪

「ハコベ」

ハコベを見ると、
子供の頃、鳥の餌にしていたことを思い出すな。

ハコベは漢字で書くと 「繁縷」 とある。

繁の次は何と読むの?、どんな意味?

気になって調べてみた。
私、しつこいんです、こんな時(笑)

あぁ~そうか!すぐに教えたがる悪癖から(笑)

さて、問題、次の漢字は何て読むでしょうか?

「縷々」



正解は「るる」

「縷々」は

とめどなく、のべつ幕なし、引きも切らず、絶え間なく。。。

なるほどね、いつでもどこでも茂っているからなんだ。

納得!

調べたついでに、学名も知った。

Stelllaria Meadia

Stellaria はラテン語の「stella(星)」にちなむ。花の形が星形をしているから。
meadia は「草原の」という意味だ。

こちらはロマンチックだねぇ~

久しぶりに「花言葉」も知りたくなった。

「初恋の思い出」「愛らしい」「密会」

最後は何だ?!(笑)


さて、「直虎」だな。
この時間にストーブをつけなくても良いのは、
今年初だろう。
石油代が嵩む北国にとっては嬉しい。



by Hana3131H | 2017-04-16 19:56 | 自然 | Comments(0)

愛しいイチゲ

午前中、しっとりと雨が降る。

昼食後、お日様が出て「キクザキイチゲ」に会いに行く。

雨の滴がきらりと光っている。

うなだれた姿が愛しい。

どんな姿も健気で愛しい。

明日はどうだろう。。。。





c0249836_19440850.jpg






c0249836_19441936.jpg




ブログのスキンは何度か変えたが、
「古木の梅」になってから長いのは、
今の季節が待ち遠しいからだろう。





c0249836_19442962.jpg



ムスカリもサクラソウも咲き始めた。

病院の帰り道、
昨日は「黄砂」で霞んでいた桜並木、
きょうはうっすらピンク色。

来週は花見がしたいなぁ~。


Kちゃんが生まれて5日目、
今日は家だね。。。





c0249836_19451146.jpg





by Hana3131H | 2017-04-15 20:08 | 自然 | Comments(6)

花の生命力

我が家の「春の妖精たち」(Spring Ephemerals)、
どれが一番好きかと問われたら、
答えに窮するだろう。
どれもみなそれぞれの美しさ、逞しさ、そして儚さを
持っているから。

それでも、日陰の「キクザキイチゲ」と再会した時の
嬉しさは格別。

ひっそりと、風に震えるように咲く、
その儚げな姿。。。。心に残るのだ。

早春のブナの森でこの群生を見たいと思いながら、
未だ叶っていない。
いつかきっと見に行こう。
車を飛ばせば、この地の山に咲いているのだからね。


「キクザキイチゲ」



c0249836_15385634.jpg





一輪だけの写真だが、周辺の落ち葉の下から、
顔を出している仲間を沢山発見、
うれしいなぁ~♪


日曜日の「おんな城主直虎」が楽しみだ。
「ごちそうさん」の懐かしい面々が登場するのは、
脚本が森下佳子さんだからかな。

オープニングの映像も毎週楽しみにしている。
「戦う花」をイメージ、そして花の生命力を、
直虎に重ねたものだろう。
地に落ちて朽ちたとしても、
次の世代へつなぎたい
命を大切にしたい、
そんな思いが伝わってくる。

花弁にしぼりがある「椿」の美しさにはほれぼれする。

そして、この花を見ると。。。。

「イチゲ」に似ているなぁ~と思うのだが、
違うかな?違うだろうなぁ~(笑)



c0249836_21055163.jpg



風が冷たい一日だったから、
外仕事はぼちぼち。。。。

ショックだったのは、相棒の「Hana」の恐ろしい野性に
遭遇したこと。

ムシャムシャ。。。音がする。

見るとHanaが、
咲き始めたばかりの「ショウジョウバカマ」を食べているではないか!!

こらぁ~!!

止めさせようとすると、Hana が睨んだ!!
そばには食べかけた花が数輪転がっている。

やめなさい!Hanaのお腹も心配だけど、
儚い命の花を食べるとは、
そんな子に育てた覚えはありません!!
(実はしつけの甘さで覚えがある飼い主の情けなさ)

その後、Hana は不調を訴えないところをみると、
よほど「ショウジョウバカマ」は美味しい花なのだろうかね。

花を拾ってきて、水に入れた。

Hana を許してね。。。。





c0249836_16311588.jpg




もうすぐ満月だろう。
花芽の膨らんだ「モクレン」は
月とどんな話をしているのかなぁ~。

そんなことを思う春の宵。



c0249836_21060562.jpg





More(ありがとう♪カンカン)
by Hana3131H | 2017-04-09 21:54 | 自然 | Comments(4)