2017年 05月 04日 ( 1 )

さて、もう一度梵珠山の頂上から故郷を眺めてみよう。
大きな画像なので、クリック!虫眼鏡で。。。

崩壊の危険があると言う展望台、次回来るまでには
直しておいて欲しいな。




c0249836_14355846.jpg


頂上の観音様に手を合わせる。
この山は青森と五所川原に跨った山、
さて、父母の故郷、五所川原の観音様はどれか、
あっ!あった!!





c0249836_14361229.jpg



梵珠山の近くに「大釈迦」と言う地名があるが、
どうやらこの山は古くから信仰の山であるらしい。
私は年齢のせいもあろうが、
この頃信心深くなってきたような気もしないではない。

あれぇ~!何、あの光は?

山を下り始めて見えた光。。。





c0249836_14363135.jpg


まさか、火の玉ではないよね、
そもそも火の玉は昼は出ないでしょう(笑)

県の観光関連のホームページの中に「火の玉探検」がある。。。。

古くから信仰の山とされてきた梵珠山に深夜登山し、
伝説の「火の玉」の出現を見ようと、毎年行われています。
昔から、旧暦の7月9日から10日にかけて不思議な光が目撃されており、
「お釈迦様の墓に高僧の霊が帰って来る時の後光」とされ、
運良く見ることができれば、御利益があると言われています。
是非、神秘の世界を体験してください!


何にせよ、ホーホケキョ♪をBGMに
フィトンチッドを全身で浴びていること自体御利益ですね。


。。。。こんにちわ。今、良いものを見てきましたよ。
このすぐ先です。。。。

山を登って来たおじさんが教えてくれた。

カメラを持つ手に力が入る、
あぁ~。。。なんで望遠レンズではないのだ!!







c0249836_14372433.jpg




あっ!振り向いたぁ~。




c0249836_14374177.jpg




もう一度、振り向いて欲しい。
名前はなんて言うんだろう、呼んでみようか、
。。。。Hana♪。。。。

どうやら「ニホンカモシカ」の名前はHanaではなかった。(笑)

カタクリが好きなのだろうか。
一心不乱に食べていた。

こんな光景に遭遇したのも御利益だ。





c0249836_14375749.jpg



さぁ~。。。森林浴




c0249836_14391131.jpg






c0249836_14394477.jpg





このツツジは「ムラサキヤシオ」かな。。。。





c0249836_14392932.jpg




芽吹きの淡い緑色の中に、
ほのかなピンク色の「山桜」
良いなぁ~♪



c0249836_14402527.jpg



登り所用時間は1時間弱、
花をゆっくり見、写真を撮りながらだった。
下りは45分。。。。下りの方がキツイ!
膝が苦笑いだ。

駐車場に着くと、飛行機雲。。。。
故郷探検も楽しかったが、
う~ん。。。。旅に出たいな。





c0249836_14403758.jpg




古い歌だが、この歌を思い出した。

「シーハイルの歌」

1.岩木の下ろしが 吹くなら吹けよ
  山から山へと われ等は走る
  昨日は梵珠嶺(ボンジューネ)今日また阿闍羅(アジャラ)
  煙立てつつ おおシーハイル

2.ステップターンすりゃ たわむれかかる
  杉のこずえの 未練の雪よ
  心は残れど エールにとどめ
  クリスチャニアで おおシーハイル

3.夕陽は赤々 シュプール染めて
  たどる雪道 果てさえ知れず
  町にはちらほら 灯がついた
  ラッセル急げよ おおシーハイル

「シーハイル」は英語なら  "Viva Ski"、、あれぇ? "Viva" はイタリア語だっけかな。
ドイツ語で " Schi Heill"だそうな。
※ Shi はスキー、Heill は万歳



確か「ダークダックス」が歌っていたような記憶があるが、
なかったので、こちらで。。。。






この歌を聞くと、歌うと、
映画「八甲田山」を思い出す。
高倉健のこと、
「ねぷた」の送り絵の切なさ、
真夏の映画館から出て来た時、嫌いな暑さがありがたかったこと、
居酒屋で北大路欣也と隣り合わせ、
プライベートだからそっとしておこうと思ったこと、
ミーハーだけど、気を遣う私(笑)


******************************************************


今日も爽やかな初夏を思わせる天気、
4時には目が覚めて、4時半には起きてしまった。

ゆっくり弁当作り。。。

GWに仕事がある息子、
好物の唐揚げで頑張れ♪



c0249836_14413804.jpg

by Hana3131H | 2017-05-04 19:58 | 自然 | Comments(2)