2017年 05月 03日 ( 1 )


職場の同僚だった山のプロがよく言っていた。

。。。。春はまず「梵珠山」からスタート。。。。

小学校の遠足以来行ったことがない、
50年ぶりに行って見ることにする。
天気予報と仲間の日程を聞いて、今日と決めていた。


弁当…上は息子の弁当、下が山用

昆布と椎茸の佃煮・牛蒡と豚ばら肉のキンピラ
玉子焼き・パプリカのピクルス
鶏ハムと胡瓜のオイキムチを和えたもの
稲荷寿司と雑穀ごはんのおにぎり






c0249836_16065956.jpg


八甲田の姿は天気予報、
今日は爽やかな五月晴れ。





c0249836_16071089.jpg



車で45分。。。。案内板がある駐車場にはすでに先客あり。
人がいない山は怖いから、ホッとする。
因みに帰るころには駐車場は満車、県外ナンバーの車もあり、
「県民の森」としても"Welcome!"
嬉しいかぎりだ。





c0249836_16072159.jpg


大好きな山桜も歓迎している。





c0249836_16074291.jpg



c0249836_16075235.jpg



登山口に行く途中、「ミズバショウ」が群生している。
見頃を逸したのは残念だが。。。。。




c0249836_19334686.jpg



噂には聞いていたが、まさに春の山野草の宝庫、
あふれんばかりの花々が登山道脇に咲いている。
ただ、そのほとんどが、ミズバショウ同様に、
雪がまだ少し残る頃、4月中旬頃が見頃のようだ。
もちろん十分楽しめたが。。。



「エンゴサク」



c0249836_16080232.jpg


「オオカメノキ」

名前の由来は葉を亀の甲羅に見立てて、「大亀の木」



c0249836_21085862.jpg



4月末まで咲いていた我が家のキクザキイチゲ5輪

ここでは道すがら常にそばにいてくれた。
やはり見頃は過ぎているが。。。。




c0249836_21014449.jpg






c0249836_21020995.jpg



登りはそれなりに苦しい!と思うこともあるが、
花や木漏れ日、ブナの芽吹きが癒してくれる。





c0249836_21034997.jpg




c0249836_21053660.jpg





途中、岩木山展望所でバナナを食べる(笑)




c0249836_21040809.jpg



カタクリも星の数ほど咲いていた。



c0249836_21024312.jpg


頂上に登る階段にも。。。




c0249836_21030455.jpg



階段に腹ばいになって撮った(笑)




c0249836_21031818.jpg



木々のオブジェがそこかしこに。。。。
自然はアーティスト、
芸術家たちは自然に少しでも近つきたいと
努力しているのだろう。
そんな内容のことを「リーチ先生」で読んでいる(笑)




c0249836_21043124.jpg





山のスミレは一層愛らしい。。。



c0249836_21061062.jpg



「オオバキスミレ」



c0249836_21063497.jpg




頂上近くの残雪



c0249836_21065363.jpg





見あげると
「シラネアオイ」


c0249836_21072024.jpg







c0249836_21073621.jpg





頂上の標識
天気も良いし全て見られると思ったが、
展望台は「崩壊の恐れあり。危険!登るな!!」の注意書き。
一瞬、悪魔が囁いたが。。。。壊れて翌日の
三面記事に載ってはまずいな(笑)





c0249836_21044437.jpg



陸奥湾

「釡臥山」も見えると聞いたが。。。。どれぇ?




c0249836_21052120.jpg




下りは続く。。。。
すごいことに遭遇した!!
是非記録に残したい。

残念なのは、荷物を少しでも軽くしたいと、
一眼レフを持たなかったこと。
次回はバナナを減らしても、持とう。



by Hana3131H | 2017-05-03 21:43 | 自然 | Comments(2)