りんごの季節

昨日は29℃!
秋仕様の身にはきつい。
今朝、暗闇が白々と明けんとする頃、
いきなり暗闇に舞い戻り、
雷鳴轟き、閃光があちこちに走る!
ふぅ~。。。。
朝食の頃には秋の爽やかな空が広がる。。。やれやれ。


りんごが届く。
秋がどんどん深まり、そしてその先の長い冬に向けての
心構えのエールの第一弾!

がんばれぇ~♪

りんごは何も言わないけれど、りんごの気持ちは
良くわかる(笑)





c0249836_14263058.jpg




「毛豆」(枝豆)の濃い美味しさに
毎日ぽりぽり。。。。
今日は、昨日最後の茗荷を収穫して「甘酢漬け」を作ったから、
白いごはんに両方入れて即席まぜまぜごはんで食べようか。
若い人には胡麻油をちょっとだけタラァ~。






c0249836_14264950.jpg




この頃はまっている珈琲のお伴は
シナモンのビスケット。
ベルギーのこのビスケットは...since1932....とあるから
歴史あるお菓子なんですね。
緑茶に「ニッキ」の八つ橋、珈琲には「シナモン」、
「香辛料」の威力で、
午後のだるさを追い払っている。



c0249836_14270814.jpg








今朝、新聞の広告特集で、映画「ナミヤ雑貨店の奇跡」の主題歌を担当した
「山下達郎」さんのスペシャルインタビューを読む。

。。。原作を何度も読み、投げかけられたのは
「人は何処から来てどこへ行くのか」と言う、普遍の死生観だと
感じてこの主題歌を手がけました。実は偶然なんですが、依頼される
少し前に物理や生物の学者、科学者らの目から見た「いのち」についての
本を読んでいたのです。
。。。。。。。。。。若い頃はペシミスティック(悲観的)な歌ばかり
作っていたのに、年齢を重ねたせいか「人の人生の支えになるもの」と
考えるようになったのかもしれません。。。。。家族や友人たちが一人二人
とこの世を去る中で、たとえ彼らが社会的に特別なことを成し遂げたわけ
ではなくても、彼らが生きた歴史や思い出は残されたものの心に刻まれていく。
そしてそれは受け継がれていく。
"REBORN"の歌詞では、「たましいは決して滅びることはない」と言う
フレーズが最も重要です。。。。


で、今日のFMラジオ「サンソン」は
山下達郎の"REBORN"でスタートした。
良い歌詞だなぁ~。。。

こちらで「山下達郎」さんの歌を。。。

こちらで「門脇麦」さんの歌を聴くことができます。。。

歌を聴きながら、近日公開の映画は見に行かないだろうが、
本を読んで見たいと思っているのだが。。。



Commented by hanamomo08 at 2017-09-13 22:09
ロータスのクッキーは母が大好きで時々買います。
私がこのお菓子を知ったのはやっぱり時々行くカフェでコーヒーに一枚ついてきたからです。
ブラックに一枚がちょうどいいですね。

つがる買いました!美味しいですね。
これからどんどんいろんな種類が出てきますね。

Commented by Hana3131H at 2017-09-14 14:10
>hanamomoさんへ

実は私もカフェで知りました。ブラックに一枚の実力。
それから輸入食料品店に行く機会があれば買ってきます。
お母様もお好きなのはやはり「シナモン」の持つ不思議なパワーでしょうね。

「つがる」は味は主流の「フジ」と比べると控えめですが、ジューシーで控えめな
甘さに「おぉ~。。。早生なのに頑張っているねぇ」と褒めながら食べます。
さぁ~りんごの季節、我が家は何種類、何箱のりんごを食べることになるのかしら。

そちらの青のあ「アサガオ」の美しさ、何度も魅入りました。やはり来年はゴーヤではなく
「アサガオ」にしますね。
Commented by koro49 at 2017-09-14 21:29
この本も『REBORN』も知らなかった^^;
サンソン、聴き逃しが多くなってる。
今『REBORN』が、心に響く。
>「人は何処から来てどこへ行くのか」
ゴーギャンの大作を前にした時を思っていた。

私もこのビスケット好き。
ちょっと一息タイムに、コーヒーだけでは寂しいから、これ位のビスケットがいいよね。
ウエファースも好き。

↑>Let it be
あるがまま、ありのまま
この年になった今、いつも心にある。
素のままの自分であり、背伸びせず、無理せず、人の事は気にせず、自分は自分
そこにたどり着く。
我がままでも良し、我がままは我のなすままだって^^;
Commented by Hana3131H at 2017-09-15 20:30
>koroさんへ

本のことは知っていたのですが、読むきっかけがなかった(笑)
サンソンで"REBORN"を聴いた時、歌詞が良いなぁ~と思って、Tatsuroさんの思い入れが強い原作を読んでみようと思った。記事にも書いたけれど、余韻の残る本だったよ。

そうですか、ファンは多いんだな。ちょっと一口。。。足りないかなぁ~と思う位でやめるほど、このビスケットの魅力がわかるんですよね。うんうん、ウエハースも一口ね。

koroさんと「毛豆」で出会ってから(笑)10年以上が経ちますが、どんどん"Let it be" の境地に近くなっているなぁ~。。。素敵だなぁ~と感じています。

「ラム」ちゃんの記事はじーんときました。家族皆で向き合えたことが子供たちにとって「ラム」ちゃんのこととともに記憶に残りますね。

秋らしいひんやりの夜、あったかくして寝ましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Hana3131H | 2017-09-10 15:22 | Comments(4)