お披露目

37年前にサンフランシスコで買った刺繍キット、
35年前、八戸で娘を出産して、すやすや眠る娘の寝顔を見ながらやり始め、
仕事が再開して中断。。。。
何度かの引っ越し、断捨離モードを潜り抜け、
この冬の冬眠中にやり始めた。

やったぁ~♪

画像は光が当たり、私が少し映っていますが(笑)




c0249836_13505878.jpg



完成にこぎつけたのは、58歳で両目の白内障を手術、
針に糸を通せるようになったこと、
小さな活字が見えるようになったからだろう。

やったことのないステッチは英語の解説と図だけではわからず、
ネットのこちらのお世話になりました。

「独学」の限界を感じることもあったけれど、
それを何とかクリア出来たとき、
「独楽」の面白さを感じることが出来た。

春の訪れまでの完成が目標だったから、
何とか達成できてほっ!としている。

限られた時間、やりたいことは他にもあるから、
しばらくは手仕事はお休みだな。

冬籠りの楽しみを見つけたことが大きな収穫でした。



このドラマ。。。。見ましたか?






Sさん(息子のオヨメサン)の「壮行会」をやった。
何の?(笑)
場所はSさんが行ってみたいと思っていたお店、
私は何度か行っているが(一人でランチに行って、公園が見える席に座る)
久しぶりです。

開店とほぼ同時に。。。。
帰る頃は道路に車を停めて待っている人たちあり。




c0249836_14115540.jpg



スープは絶品ですよ。





c0249836_14103726.jpg



どれもこれも作り手のあたたかい思い、
「食が命を支えている」(これって再放送ではまっている「ごちそうさん」のテーマだね)
美味しくて、元気が出ます。




c0249836_14111207.jpg


行く度に思う、
こんな風に豆や雑穀を並べたい。





c0249836_14124549.jpg



メニューですが、わからない言葉も多い!
フムス?ファラフェル?
美味しいかったことは分かるから良しとしよう。

でも、機会があったら作ってみたいものあり!

店主のお母さんは同年代の女性。。。。。
作り方を教えますよ。。。そう言ってくれたが、
何分にも混んでいる店、
昼時を避けて行ったら、聞けるだろうか。





c0249836_14134518.jpg



Commented by Lynn6 at 2017-03-24 02:01
完成おめでとうございます。気にされていた?枠の歪み、全然わかりません。綺麗です〜。思い出とともに、歴史とともに、丁寧にframeされてとても素敵です。 (๑・̑◡・̑๑)
独学ならぬ独楽、私もほとんどがそれです。上手く行った時は楽しいし、その過程もまた楽しいですよね。
そのドラマ、良かったですか?
Commented by koro49 at 2017-03-24 17:01
お疲れさま~と、おめでとう♪
hanaも参加で喜んでるね^^。
いい記念になったね。

ここのランチ、丁寧に作られてるの分かるよ。
私も昨日豆特集の雑誌取って置いたのを読み直していた。
雑穀、豆いいよね!
と、鍋買う気満々♪
Commented by Hana3131H at 2017-03-24 21:40
>Lynnさんへ

ありがとうございます。北米の冬籠りにも手仕事は楽しみのひとつですね。
Lynnさんのリメークのアイデァはまさに「独楽」、記事を読む方も楽しめます。
刺繍は額装したら、何だか良く見えるでしょう。写真ではわかりにくいでしょうが、
額のフレームはクラシックな雰囲気で、まさに長い年月を閉じ込めるのにふさわしい
かなと思っています。「馬子にも衣装」ってこのこと(笑)

ドラマはさっき後編を見ました。「諦めれば、終わってしまう。。。」
役所広司演じる父親の一言、「誰でも前を向いて生きていけるわけじゃない。。。」
と答える田中裕子演じる妻の言葉。。。。大震災で亡くなった息子が、誕生させた馬が、
津波で荒れ果てた牧場(命がけで家族で元に戻します)を駆けるシーンは美しかった。
強く優しい人たちは美しい。。。。そんなことを思いました。上手く伝えられなくて
申し訳ない。
Commented by Hana3131H at 2017-03-24 21:59
>koroさんへ

本当に良い記念、にんまりしながら眺めます。長い年月を経て完成したことが嬉しい♪

ここのランチは機会があれば食べてもらいたいなぁ~と思います。スローフードは確かに素材の味が
生きていて、力がもらえます。何もかもやれなくても、取り入れたいレシピがありますね。

私も「晩鐘」を読み終えて、しばらくぼぉ~としていました。愛子さんが書きあげた後、抜け殻状態になったことが、少し分かるような気がします。生きるために書く、諦めずに書く。。。。そんな姿は「90歳過ぎてもめでたい」とファンの一人として感じました。きっと理解できないからこそ書き続けたいと思い、そんな人間(自分も含めて)を最後まで理解しようと努めたいからなのかなと思ったりします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by Hana3131H | 2017-03-23 21:11 | Comments(4)